« 蒙古タンメン中本(中板橋) | トップページ | ひるがお(世田谷) »

2006年7月 2日 (日)

蓮爾(向ヶ丘遊園)

7月1日(土) 曇り

メニュー=蓮エビつけ麺(野菜増し)

Hasuneebituke

こちらの店のごんぶと麺がまた食べたくなってやってきた。この麺でつけ麺を食べたら美味しいだろうと思っていたのでつけ麺、そして気になっていた「蓮エビ」の名がついたものにした。

店の前にある券売機で、その横に張られたメニュー表から希望のメニューに対応した番号を検索して、ボタンを押す、ぼちっとな。

店に入ると、左奥の席が使われていない(椅子が片付けられている)。必然的に座ったのは左のカウンターとなった。店内は暑く、エアコンの冷気が届かない左奥は、閉めているのかもしれない。

こちらの極太麺が茹で上がるのは時間が掛かりそうだったのでカウンターに座り、置いてあったマンガを読んだ(マガジン、久しぶりに読んだ)。予想通りちょっと待ってつけ麺が提供された。

このつけ麺、つけ汁がまさにエビという感じの味だった。色の変わった部分がエビ油なのだろう、ものすごいエビ味だった。麺を食べてもエビ、もやしをつけてもエビという感じ、これほどの味は非常に贅沢、自分的にはかえって迷惑(お、この文章はなんか韻を踏んでるぜ、yo,yo)、もう少し控えめなほうがスープの味が判るのではなかろうか。エビのために他の旨みが良くわからなかった。

そして麺は前回同様のごんぶと、これでもかという感じのどすこい麺だった(ネーミングに意味なし)。このぐわし、ぐわしと喰らう感じの麺はとても良い。この麺に単なる醤油だけ掛けて、七味でもまぶして食べても満足しそうな気がする。

そして野菜マシにしたら、もやしは別皿で提供された、なるほどそう来るか。

やはりエビの風味が強すぎるのが難点、エビ好きなのだが、この味わいは「ゆかり(エビせんべい)」を食べてるくらいのエビ風味だった(ちなみにゆかりは大好き)。今度は普通のつけ麺を食べてみたい、多分ものすごく好みのような気がする。

到着=18:04 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太麺 スープ=エビの味満載の濃い味醤油 お気に入り度=6

|

« 蒙古タンメン中本(中板橋) | トップページ | ひるがお(世田谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/10765878

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮爾(向ヶ丘遊園):

« 蒙古タンメン中本(中板橋) | トップページ | ひるがお(世田谷) »