« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

兎に角(松戸)

6月28日(水) 晴れ

メニュー=ラーメン+牛すじ丼

Tonikakuramen 暑い、なんて暑いんだ、確かまだ6月だよな、そんなことを思いながら本日もまた松戸でうろうろしていた。さて今回は「兎に角」に訪問、今回で3回目の訪問となった。何人かまっていたがそれほど待たずに店に入ることが出来た。

これまでの注文は2回ともつけ麺だったので今回はラーメンを注文した、大汗をかいていたのだが・・・。

このラーメン、まったくもってうまい、動物系と魚介がバランス良く、しかし濃厚に効いているスープ、どっしりとしたうまみがある。そしてコシのある太い麺もこのスープに負けない存在感があり、スープとの取り合わせですばらしい食事を提供してくれている。いやー、うまいなあ。

チャーシューも肉を喰ってるなという感じがする、肉の旨みと食感が良い。

今回「牛すじ丼」も頼んだが、この「牛すじ丼」牛すじがたっぷり乗った贅沢な丼で居酒屋によくある甘みのあるものではなく、辛めの味付けだった。最初美味しかったこのメニューは後半脂身の多さにつらくなってきた。サービス精神旺盛な盛り付けだったが、もしかすると牛すじがもう少し少ないほうがもっと美味しくいただけたかもしれない。

でもラーメンは実にうまかった、松戸はにはまた来るだろうから、今度来たときは「とみ田」「二郎」そしてこの店でどこにするか迷うだろう。でも他にも行きたい店もあるんだよなあ。

到着=12:13 待ち時間=7分 行列=5人

麺=太麺 スープ=魚介と動物系が濃厚に効いた醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華蕎麦 とみ田(松戸)

6月27日(火) 曇り

メニュー=つけそば(400g)+辛獅子(辛しひき肉)

Tomitatuke_1先日来たばかりの「とみ田」だが、本日も松戸に来る機会があり、再訪問した。それにしても結構行列しているな、と思ったがさすがに40分以上待つとは思わなかった。平日でもこんに並ぶのか、と思ってたら、前を通るサラリーマンが「今日は多い日だな」と言っていたので本日は混んでいる日に遭遇したのだろう。

さて前回中華そばを食べていたので、今回は「つけそば」を注文しようと思っていた。その「つけそば」は動物系のうまみと魚介の風味が強く効いた味わい、これはうまい。麺をつけて味わい、早く次の一口を食べたくて箸の動きが高速化していく。

その麺も適度なコシと口にほおばる実感がうれしい太麺、これも満足の味わい、麺もうまいなあ。

実は今回、辛獅子なるメニューも注文していた。これは辛し肉味噌という感じの物で別皿にて提供された。普通この肉味噌はつけ汁に投入するのだろうが、うまいつけ汁に入れるともったいない気がして違う食べ方で頂いた。

まず麺を肉味噌に絡めて頂く、辛いながらも甘味も感じてなかなかの味。肉味噌が3分の1くらい無くなった時点でスープを肉味噌の皿に入れ、麺を入れて食べた、辛味で引き立った麺のうまさに、つけ汁の旨味が加わってこれもうまい。通常のつけ汁と交互に頂いた。並び始めから1時間近く経ってしまったが、大変満足して店を出た、また行こう。

到着=12:14 待ち時間=45分 行列=16人

麺=太麺 スープ=コクのある濃い味魚介醤油 お気に入り度=10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

ラーメン無限大(船橋)

6月26日(月) 雨

メニュー=つけ麺(かつお)大盛り+味玉

Mugendaituke6 船橋に出来た新店「無限大」に行ってきた。佐貫大勝軒系の店らしいこのお店、行列は無いようだ、と思ったのは店に入るまでのこと。店に入ると左右の壁沿いに椅子(というか立ち座りのベンチ)があり、そこに10人近く並んでいた。

実はこのあと「阿修羅」に行こうと思っていたが、仕事の途中に寄ったためあまり時間が無い。行列を見た瞬間に「阿修羅」はあきらめて、麺を大盛りでつけ麺を注文した。このつけ麺は「ゆず」と「かつお」が選べるようで、味がそれに合わせて違うのだろう。

待つ椅子が入り口を入って左右にあるのだが、並ぶ順番が良くわからず、みんな適当に並んでいく。このため席に座る順番で混乱があった、ホールの店員さんはここらへんを交通整理してほしいなあ。右奥を頂点に左奥に向かって並んでいけばいいのではないだろうか。

さて、つけ麺、麺の器が来たときにあまり見かけない麺の太さを見てしまった。まさにごんぶとという感じ、コシがあるが、ゴリゴリした食感は無く、結構喉越しも良い。この麺はインパクトがありとても美味しかった。

Mugendaimapそしてつけ汁はかなりガツンと来る濃い味のつけ汁で、コクがあり、節の風味が強い。その節が効いており、ざらつく舌触りがあるほど。甘めの味もあり、麺に負けない力強さがあった。そういえば柏の「角ふじ」に通じるものを感じた。

チャーシューは硬めのハムのような食感でこれも結構うまい。ただ、味玉を追加注文したがそれがうずらの玉子だったのには肩すかしを食らった感がある。別にまずいわけではないけれど・・・。

オープンしたばかりのためかオペレーションには難があったが、でもメニュー自体にはとても満足できる。

いやーインパクトの強い一杯を頂いた、これで午後の仕事もがんばれるぞー。

到着=12:22 待ち時間=16分 行列=9人

麺=極太麺 スープ=コクのある濃い味魚介醤油、甘め お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月27日 (火)

ありがたや(三軒茶屋)

6月25日(日) 曇り

メニュー=しょうゆらーめん

Arigataramenこじろうの後、バイクを飛ばしてやってきたのがこちらの店、店の前につくとドアに「支度中」の文字、なんてこったい、帰ろうかと思ったが店の中には客がいる。終わったばかりなんだろうか?一応中の人に聞いてみたらやっているとの事、なぜ「支度中」になってるのか聞いたら、どうやらひっくり返すのを忘れたようだ(裏には営業中の文字)、この時間まで気づかないって言うのはどうなんだろう・・・。

さて店に入り券売機で券を買う、「しょうゆらーめん」と「しおらーめん」のボタンのみしかない。ちなみに現在は開店記念で500円で提供されているようだ(27日までらしい)。壁には「つけめん」の表示もあったが開店記念中はやってないのかな。今回は「しょうゆらーめん」でお願いした。

見た感じシンプルなラーメンという感じ、あっさりした醤油スープでうまみがあるものだった。麺は結構ぼそぼそ感があり、喉越も良くなかった。

またメンマの匂いがきつめ、このメンマは必要無いように感じてしまった。こういったメンマはちょっと苦手だなあ。

あまり好みとはいえない味だったが、でも食後、店外には4人ほど行列が出来ていた。もう人気店になっているのか、それとも開店記念500円で集まっているのか。まあオープンしたばかりだし、これから味がどんどん変わっていくかもしれない。

到着=13:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=うまみある醤油 お気に入り度=5

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月25日 (日)

らーめん こじろう(526:雪谷大塚)

6月25日(日) 曇り

メニュー=塩+玉子

526sio

前週、前々週の日曜日にこちらの店に行こうと思っていたが両日とも雨が降っていたので断念した。本日ちょい雨はあるもバイクで走るに問題無しの判断を下し、雪谷大塚に出撃した。

雪谷大塚駅前にバイクを停め、店の前に行くとあると思っていた行列が無い、臨時休業か、と思ったが無事やっていた、あせったー。オープンからしばらく経っているのでもう行列は落ち着いたのだろう。店の営業を確認して、突然掛かってきた会社の用事を電話でやっつけて店に入った。

店に入り券売機で「塩」と「玉子」を購入してカウンターに、するとなにやら視界に違和感が、やや、カウンターに先日「たもいやんせ」でご一緒したぼぶさんがいるではないか。前回のお会いしたときのスーツ姿から、ジーンズ、ライダージャケット、メガネ、無精ひげのこの格好で気づいてもらえるか心配だったが声を掛けた。最初驚かれたようだが気づいて頂き、横の席に座らせてもらった。

しばらくお話をしながらラーメンを待っていると、後に頼んだ私の塩ラーメンがさきに提供された、どうやら麺の太さが違うようで、茹で時間が違うためだろう。ちなみにぼぶさんは醤油ラーメンの注文だった。

出てきた塩ラーメンは二郎ということで結構身構えていたが、結構あっさりしたスープ、ただうまみもありこれはこれで美味しい。麺は太くは無く、でももちっとした食感でこれもいい感じ、やはり二郎系のためか麺の量は多い。

そういえば最初にゆずを入れるか聞かれたが、あまりゆずの風味は感じなかった。まあ、あってもなくても良かったけど。魚のフライ(アジかな、そんな感じの味)やあさり、竹の子、ネギなど味を壊さない具材も好みのものばかりだった。

食べてる途中ぼぶさんが塩ラーメンのスープを味見、ついてにぼぶさんの醤油のスープを味見させてもらったが、あ、この醤油スープもうまいなあ、今度「葉月」に行くときセットでこちらの醤油も試してみよう。

さて先に食べ終えたので、ぼぶさんとはここでお別れ、次の店に向かってバイクを走らせた。ぼぶさんまたどこかで(多分ラーメン屋で)お会いしましょう。

到着=12:09 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした塩 お気に入り度=7

| | コメント (9) | トラックバック (9)

【閉店】蔵六(赤羽)

6月24日(土) 晴れ

メニュー=味玉つけ麺+大盛り(サービス)+玉子かけご飯

Zourokutuke

まずい、今月まだ「高はし(赤羽)」に行っていない、ということで仕事の合間に向かうことにした。到着は12時30分、土曜日でもこの時間くらいはまだ大丈夫のはず、と思ったが最後尾に並ぶ方に「自分で最後みたいですよ」と教えて頂いた、とほほ。なんか営業終了がまた早くなったような・・・、次のチャンスはいつだろう。

さて「高はし」に行く前に気づいていたが、高はしに続く道の途中に新店が見えた。とらさん会議室にも出ていたが、それがこの「蔵六」、高はしのあとに行こうと思っていたが、まあいいか。店の前に行列が出来ていた。

Zourokutamagohan 店に入り券売機で券を買うのだが、「玉子かけご飯」の文字に反応してそれも買ってしまった。いつもの習慣ではじめての店なので味玉も買っている、玉子と玉子の競演である。

オープンサービスなのか麺が大盛り無料らしい、その麺はかなり太い平打ち麺、コシがとてもあるものだった。でも喉越しはそれほど良いとは言えず、まあまあという印象。

つけ汁は動物系のスープで、魚介も効いている。普段は好きな味のはずだが、体調のせいか結構しつこく感じた。

Zourokutamaそして玉子かけご飯、これがうまい、こくのあるタレがご飯の底にあり、玉子とかき混ぜると玉子のコクとタレの味が絡み、鰹節も効いていい味だなあ。ただ玉子の乗った皿が一つなので殻を入れたら玉子はご飯に掛けるしかない。混ぜてからご飯に投入しようと思ったので皿がもうひとつほしいところだった。

赤羽は近いのでまた来るだろう、今度はラーメンにしよう。

到着=12:34 待ち時間=6分 行列=9人

麺=太平麺 スープ=魚介の効いたコクのある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (1) | トラックバック (1)

【閉店】つけそば・中華そば 月乃屋(曙橋)

6月23日(木) 晴れ

メニュー=醤油つけそば

Tukinoyatuke

「まとい」の後、こちらの店に移動して連食、看板に「つけそば・中華そば」の文字もある店、今回はつけそばを注文しようと思っていた。

店に入ると結構蒸し暑い感じ、カウンターに座って予定通りつけそばを注文した。この店はマンガ本が多数あり、タイトルを忘れたが1巻から20巻以上などかなり充実した内容となっている。

しばらくまって出てきたつけそばは、麺皿の麺がぴかぴか光っており、これは見るからにうまそう。実際にこの麺は程よいコシがあり、つるつると喉越しもよくとても好みの麺だった。

つけ汁はかなり濃い目の醤油味、酸味辛味は無い。麺はうまかったがこのつけ汁はまあまあという印象、でも予想と違ったので次に食べるともっとうまいかもしれない。他にもカレーつけめん(だったかな?)などもあるので今度それも頂いてみたい。

到着=13:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん まとい(淡路町・小川町)

6月23日(木) 晴れ

メニュー=味玉らーめん

Matoiramen最近出来た新店に行ってきた。場所は小川町にある「つじ田」の裏、他の方のブログで「つじ田の裏」というのを見ていたので、今回地図を持たずに訪問したが、まさにその通りで地図いらずだった。

こちらの店は「とうかんや」出身らしく、「とうかんや」は確か行ったはず、昔のメモを見るとやはり一度行っていた。

店の前には沢山の祝い花、で、行列も数人いたのでその後に並んだ。店に入るとほんのりしいたけの香りが漂ってくる。

厨房奥には浅草開花楼の麺箱が置かれていた。浅草開花楼=麺がうまい、という図式が出来上がっていたが、最近は条件反射でラーメンも美味しそうに感じてしまう。

出てきたラーメンは強い味ではないものの、動物系、魚介、そのほかしいたけなどの旨みがバランスよくでており、とても好みのスープだった。

麺は喉越しの良いタイプ、昨日わしわし食べるタイプの開花楼麺を頂いていたが、こういったタイプの麺も美味しい。

チャーシューは肉の旨みを感じるものだが、ちょっと苦手な匂いがあった、これは自分のものだけかもしれない。気になったのが丼の深さ、これはこれでスープに麺が泳いで良いのだが、麺を食べ終わった後にレンゲで飲む際、スープがレンゲですくいづらい。レンゲの柄が短いのだと思う。

そうはいってもかなり満足して店を出た、なんかこの近辺も良い店が増えてきたなあ。

到着=12:29 待ち時間=8分 行列=4人

麺=中太麺 スープ=うまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2006年6月22日 (木)

凪(渋谷)

6月22日(水) 曇り

メニュー=豚骨麺

Nagiramen

渋谷に1日居まして、開放されたのは6時過ぎ、それならばと先日べろんべろんのぐらんぐらん状態で食べた味を、再度確認するためにもう一度やって来た。

店につき、先日座ったカウンターを見たが椅子がたたんである状態、といわけで奥に案内された、こんな場所があったんですね。奥の場所にあるカウンターで豚骨麺を注文した。店の方とちょっと話をさせてもらったが、こちらの店は昼もやってるとのこと、夜だけかと思ってた。渋谷にはまた来る機会がありそうなので、これは行きやすくなった気がする。

ただこちらの店は酒にあうメニューも結構ある、夜に来てつまみでビールを飲み、その後ラーメンってのも良さそうだなあ。でも本日は1日拉致されていた場所のエアコンが効きすぎていて(後で見たら23度だった)なんか体調が悪くなっていたのでビールは止めておいた。

今回は前回注文し忘れた玉子を頼もうと思ったが、残念、もう無いらしい、次回こそは食べないと。さて豚骨麺、コクがあり、ただマイルドな味わいの豚骨で魚介の風味もある。でも前回の方が魚介の風味を強く感じたような・・・、ふっ、ばかな、あの状態の記憶がそんなに信用できるわけが無い。細い麺はコシが強くないが、するするっと入っていく感じ、うまいスープと絡んで満足満足。

実はラーメン提供前に話をさせて頂いていた店員さんに開花楼の麺はいつからやるのだろう、と聞いたら「ありますよ、ちぃ麺」とのこと、でも最初に注文したラーメンがもう出来ていたので替え玉で頂くことになった。

この麺、ものすごいコシ、歯ごたえがすごく麺を喰らってるなあという感じがする。でもさっきまでの細い麺からのちぃ麺のため、違和感が相当あった。また最初からこの麺なら別だろうが、麺とスープが馴染むまであまりスープとあってない、というかスープが薄く感じた。でもスープが馴染んでからは非常に美味しくなってきたので、今度は最初からこの麺でお願いしてみたい。

この麺の後に、細麺で替え玉が正解だろうか、でもそれでも細麺を食べたときに違和感は感じるんだろうな。

・・・あっ、ちぃ麺の写真取り忘れた、nonchさんなら絶対しないようなミスをしてしまった。皿に乗った替え玉のちぃ麺も、見た目からしてうまそうだったのに、あーあ。

結局美味しかった、力強く「また来ます」とお店の方たちに宣言して店を後にした、よしまた行こう。

到着=18:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺・太麺 スープ=コクありマイルドな豚骨、魚介風味あり お気に入り度=8

| | コメント (4) | トラックバック (2)

すずらん(渋谷)

6月22日(水) 曇り

メニュー=海南麺

Suzurankainan本日は1日渋谷の某所に拉致されており、昼時に一時開放されたので「すずらん」で限定麺を頂きにやってきた。

本日の行列はそこそこの並び、しばらく待っていると店の中から先日「たもいやんせ」でご一緒した恋kさんが出てきた。ちょっとお話ししたが、前の待ちが無くなり自分の番になったのでそこでお別れとなった。

店に入る前に注文済み、限定麺はありますか、と聞いたら「海南麺というのがあります」とのこと、量が不安だったのでご飯を注文しようと思ったら、セットでついているらしい。

店内に入り気づいたがこのメニュー1,500円、思わず財布を確認してしまった。まずとろみのあるタレの絡んだあさりが提供され、その後しそ梅、ラーメン、鶏肉の乗ったご飯が提供された。

さてラーメン、結構塩味の強めのスープ、最初あっさりと感じたが食べ進むうちに塩気を強く感じだした。麺は1本の麺ながら緑と白の部分が合わさった感じ、コシがありコリっとした食感で好みのタイプだった。途中梅を入れて食したが、梅というよりしその風味が増したのが美味しく感じた。

そしてあさりがうまい、ぷりっとしたあさりの食感と旨味、調味料も合わさって満足の味わい。でもちょっとじゃりっとしたものも多少感じ、これは食べづらかった。このあとラーメンに投入したが、でもあさりをそのまま食べてた方が好きかな。このあさりを白いご飯で食べたらそれだけで料理として完成しそうだ。

結構高いし、次回も頼むかは微妙、しばらく食べてない味噌つけの太麺を大盛りで注文しそうなきもする。

到着=12:02 待ち時間=14分 行列=10人

麺=細麺(一本2色) スープ=あっさりした塩味 お気に入り度=6

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年6月21日 (水)

SHISENYA-BAR(金町)

6月20日(火) 曇り

メニュー=中華風冷奴+豚ポン酢+ビール+辛ネギチャーシューつけそば

F1000087何だこの写真は、一応つけそばを写している、店内暗いし携帯のカメラなのでこうなってしまった。

こちらの店は2度目の訪問、前回来たときはほぼ満席だったが、本日は先客1組でちょっと寂しい感じがした。さてラーメンが食べられるがこの店のつくりはまず飲むのが前提という感じがするので、今回もビールを注文した。そしてつまみを少々、しばらく飲んでから「辛ネギチャーシューつけそば」をお願いした。

メニューには太麺で出来上がりには10分ほど掛かる、とあったが注文から2、3分でつけ汁を提供された。随分早いなー、と思ったが麺がいつまでたっても出てこない。どうやら他の方が頼んだつけそば(結構前に注文)と一緒に出されたようだ。これじゃつけ汁が冷めちゃうよー、と思ってたら「間違って早く出してしまったのでお取替えします」といって、新しいのものが提供された。酒を飲んだ客だからそのままにするという選択肢もある気もしたが、こういった対応をしてくれるととても良い店のような気がしてしまう(当然か)。

さてそのつけそば、もっちりした麺が非常にうまい。喉越しもよく、この麺はとても好きなタイプだった。辛味ネギは麺に大量に乗っている。確かに辛い、ラー油と混ぜてあるのだろう。口に勢いよく放り込んだらむせてしまった。

そしてつけ汁、以前はもっと味が濃かったような気がするが、今回のスープは結構マイルドな醤油でやさしい感じの味わいだった。ただ旨みは十分あり、うまい麺とあわさり満足の味だった。でも辛味ネギの辛さがスープに移っていって最初と味わいが変わってくる。

スープ割り用のスープはそのまま飲んでも旨み十分、お通しで出されたスナックの入れ物で結局割りスープを全部飲んでしまった。

酒が飲める店でうまいつけそばが食べられる、なんていううのは幸せなことだなあ。

到着=20:07 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=旨みのあるあっさり醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山嵐(六本木)

6月19日(月) 晴れ

メニュー=スーラーつけめん+五穀ごはん

Yamaarasisuratuke_1 先日おこなわれた「たもいやんせ」での飲み会の時に、ぼぶさんFILEさんがこちらの店の話されていた(ような気がする)。

という訳で訪問することに、本日は暑く、駅からお店までの歩きで結構汗をかいてしまった。店に入ると入口付近に強力扇風機、この扇風機の風が当たるところに座ったら汗はすぐ引いた。

初めて入った店なら通常、ラーメンを注文するのだが、ぼぶさんやFILEさんのブログで見た「スーラーつけめん」がうまそうだったので、それに注文してみることに。でもすぐ後に1名お客さんが来たが、その人のラーメンもうまそうだった、今度食べよう。

で、スーラーつけめん、期待通り酸味辛味がかなり効いたスープ、大勝軒などでは酸味があまり効いて無いほうが好きなのだが、でもこのスーラーつけめんは酸味が効いているのが前提のメニューだから酸味はこれくらい効いてて欲しい。スープ自体のコクもあり麺につけてほおばるととても満足うまさ、この麺自体も美味しい。でも麺の量が少ない、もっと多くないとあっという間に無くなってしまう。

因みに麺の上の白い物体は豆腐、この豆腐は自家製っぽいなーと思って食べていたが、後でぼぶさんのブログを見ると、確かに自家製らしい、でも豆腐は豆腐でもごま豆腐のようだ。うまい豆腐だと思ったが、でもごま豆腐とは思わなかった、とほほ。

Yamaarasi 最後に五穀ごはんの上に、まだ残しておいた温泉玉子を乗せ、つけじるの底に残った具材も乗せて「スーラー温玉丼」にして頂いたが、これもうまかった。

よしよし、うまかったからまた行かないければいけないな。

到着=11:35 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=酸味辛味の効いたコクのあるスープ お気に入り度=8

| | コメント (5) | トラックバック (4)

麺屋 番(川口・川口元郷:遠い)

6月18日(日) 雨

メニュー=味玉らーめん(塩)

Bansio_12週続けて日曜日の雨は勘弁してくれー、と天にこぶしを突き上げてみる。少々の雨ならバイクを駆ることも考えるが、以前かなりの雨の時にバイクで走り、そのときに携帯電話を壊して以来、強い雨の時には走らない軟弱ライダーになってしまった。

なんだか出かける気力が失せ、何ヶ月ぶりかで日曜日の昼にラーメンを食べず、コンビに弁当を買ってしまった。先週同様(行けなかったが)「こじろう」「番」と連食を狙っていたのに・・・。

でも夕方になり雨脚も弱くなったので地元の「番」に行ってみることにした。この店、地元と言いながら結構遠いのでバイクで行くことに、ちょっと道に迷ったが無事店に辿りついた。店内に入ったが先客無し(因みに後客も無し)、新店なのでしょうがないのかな。

今回注文は味玉らーめんを塩でお願いした。この塩らーめん、最初味が薄いかな、と思ったが食べ進むうちにうまくなってきた。麺と共に口に入るスープは旨味が十分ある。麺は細目だが程よいコシがある。太麺好きなのだが、でもこのスープには細麺の方が合うだろう。結局ずっと一人で食べていたので、落ち着かないものを感じたが、ただ地元で食べる塩らーめんとしては相当満足した。

さて店を出て気づいたが、左手に見たことのある衣料品店の黄色い看板、ということはこの店の前は何度も通ったことのある道だった。この道をひたすらまっすぐ川口駅方向に走ると自宅があったりする。そうかこの場所だったのか。

川口駅から来るなら、東口を左に曲がり、大型書店、次のビデオ屋を右折し、そのまま永遠まっすぐと言う感じ、といっても歩きなら40分くらい掛かるのでは無いだろうか。途中川口工業病院、122号線、くるまやらーめん、廃棄物処理場、新郷工業団地入口、黄色い看板の衣料品店(元ユニクロ)、スーパー(名前忘れた)と目印は多い。

タクシーで行くなら、川口工業病院前を駅と反対方向にまっすぐ、川を越えて新郷工業団地入口も越え、その後にあるスーパーの前と言えば判りそう。でもバスで行くのが一番いいかも、川口から草加方面行きのバスに乗って「江戸袋」で降りるのが良いようだ。また来ると思うが、駅前ならもっと頻繁にいくだろうに、ただ鶏油(チーユ)らーめんというのも気になったのでまた行ってみよう。

到着=18:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりなが旨みのある塩 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年6月19日 (月)

中華蕎麦 とみ田(松戸)

6月17日(土) 晴れ

メニュー=味玉そば

Tomitaramen

このブログはクロアチア戦の後という複雑な心境の中、書いている。さて決勝進出にはまず次のブラジル×オーストラリア戦でブラジルが5点くらいとって勝つ、その後クロアチア×オーストラリア戦では1:0でクロアチアが勝つ、最後に予選突破の決まったブラジルが日本戦でサブ組で挑み、2:0で日本が勝つ・・・、き、厳しー。もしくはオーストラリアが残り2戦勝って、日本がブラジルに勝つ、これも厳しー。まあそっちのほうが日本は楽な気もするが(どの道ブラジルには勝たないと駄目だし)。でも望みは捨てないでおこう。

--------------------------

先日リニューアルオープンした松戸の「中華蕎麦 とみ田」に行ってきた。先日日曜日に伺ったが臨時休業だったので今回もう一度訪ねることになった。昼時からちょっと過ぎた時間にたどり着いたが本日は無事営業している、よかった。

さて並んだ時点で12人待ち、結構待ちそうな気もしたが、確かに随分待った。サラリーマンが昼時に行くにはつらい店かもしれない。ただし土曜日ということもあると思うので、平日ならもっと回転はいいのかも知れない。そういえば平日に来ようと思ってたんだった、まあ今回来たのもたまたまだし。

以前より製麺所が増えた分、席数が少なくなったようだ、回転が遅いのも仕方ないか。やっと店に入り、カウンター席に座ることが出来た。席に着き、あまり待たずにラーメンは提供された。券売機で先に注文を通していたので着席に合わせて注文を作っていたのだろう。ということは前の客の食べるのが遅すぎただけか?まあ土曜日だし、確かに組客は多かった気もする。

出てきた中華そばは、魚介の旨みがガツンと効いた味わい、丼一杯の麺に対してスープは少なめだが、でもこのスープの主張は非常に強いものがある。

麺も太く、コシがありスープに負けない存在感を感じる、この麺もうまい。一心不乱に食べていると、あれ、もう無くなったの、という感じで麺は食べ終わっていた。リニューアル前に食べたときも美味しかったが、今回の中華そばもとても満足、でもスープを飲んでいると、節の旨みが強くなりだした、ちょっと味が強いか。そんなこと思いながら、ただスープは完飲してたりして。

つけそばもうまいだろうとも、というわけでまた松戸に来たら行ってみたい。

さて仕事の途中に来たので、急いで次の仕事場所に移動しないと、まずいまずい(でも1時間以内では食べ終われたかな)。

到着=14:05 待ち時間=38分 行列=12人

麺=太麺 スープ=魚介の効いたコクのある醤油 お気に入り度=9

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年6月18日 (日)

凪(渋谷) & たもいやんせ(神泉)

6月16日(金) 曇り

メニュー=豚骨麺

Nagiramen2

何気なく登録したラー麺SNS、麺通になって頂いた方も結構いる。その麺通のお一人であり、いつもブログを拝見しているnonchさんから飲み会のお誘いがあった。これは行かなければならない、ということで参加をお願いしたのが先月末、その後nonchさんからの連絡でいつもTBやコメントを頂いている方も参加されるらしい、これは楽しみ。そしてこの日、神泉の「たもいやんせ」で飲み会が開催された。

店につき、お店の方に案内されると既にnonchさんしらけんさんぼぶさん、ぼぶさんのお知り合いの方がいた。さてまずは名刺交換をしながら紹介タイムとなった。こういった飲み会は初めてなのでちょっと緊張気味で話をしていたが、その後FILEさん、恋Kさんも加わり、そろそろ酔いも手伝い飲み会に入り込んでいくことが出来た。

そしてたけひこさんも参加し、飲み会はどんどん盛り上がっていった。あなさんが加わったときには、すっかりりっぱな酔っ払いとなっていた私、うーん変なことを言ってなかっただろうか?しかし大変楽しい飲み会で、ラーメンの話ももちろんあったが、それ以外にもいろいろなお話を聞くことが出来た。まさに充実した時間を過ごすこととなった、楽しかったなあ。

そしてこの飲み会の後、先日オープンしたばかりの「凪」に数人で移動することになった。この「凪」についてはいつもFILEさんのブログで状況を見ていたのだが、あまり豚骨は得意でなく、また夜の営業のためなかなか行かないだろうと思っていた。

「たもいやんせ」からたけひこさん、恋Kさんとタクシーで移動、nonchさんとFILEさんは別にやってくることになった。タクシーの運ちゃんにはたけひこさんが場所を説明、なんとネットからと思われる地図を差し出して説明している、頼もしい人だなあ。もとより凪に行こうと思っていたようだ。

店につくと厨房前のカウンターに空きがあり、まず帰りを急がなくてはいけないたけひこさんが着席、その後nonchさんとFILEさんが到着したのだが、もうひとつ空いていた席には先に座らせてもらうことになった。

さて出てきたラーメンは、あれこれはうまいぞ、確かに豚骨のスープ、ただそれ以外に魚介の風味を感じる。豚骨の臭みも無く、細い麺に絡んで本当に美味しく頂いた。食べているときにショウガの入った器から中のショウガを勧められ、これを入れると、きついショウガの味ではなく、風味のよい香りと歯ごたえがまた麺に絡んでこれはもうまい。あとで気づいたが煮玉子があった、うーんこれは今度注文しよう。

実はこのとき隣に座られた方がおり、この方もラーメンに詳しいようで凪についてもいろいろ教えていただいた。ただ、名前を伺うのを忘れてしまった、でも多分食べ歩きをされている方だろうから、またお会いすることもあるだろう。

その後、とら会でもよくお見かけするハルヲさんにもご挨拶、なぜか皆さん飲んでいるビールを私も頂き、さてそろそろ帰らないと、と思ったときにブログをはじめた初期の頃からコメントを頂き、ブログにのめりこみきっかけとなったしらすさんにもお会いすることができた。

いやー今日はほんとに良い一日だったなあ。でも「凪」には今度酒の入ってないときにもう一度行ってみたいと思った。

この後自宅には1時過ぎに帰還、結構終電ぎりぎりだったようだ、アブねー。

到着=22:50くらい 待ち時間=0分 行列=?

麺=細麺 スープ=豚骨スープに魚介の風味 お気に入り度=8

| | コメント (9) | トラックバック (5)

坂内(有楽町)

6月15日(木) 曇り

メニュー=ネギラーメン

Yurakubannainegi

本日も飲み会、それほど遅くまで飲んでないが、でも酒の量は結構多い。ふらふらしながらこちらの店にやってきた。

この「坂内」は結構他にもあり、どこでも美味しい味が頂けるのでありがたい。本日はネギラーメンを注文した。調子がよければネギチャーシューメンを食べるのだが、流石に夜なのでそれはやめておいた。

以前はこの時間は酔客が締めのラーメンを食べるために行列していたが、今はそれほどの行列は無いようだ。

出てきたラーメンは塩味が強く、味のしっかりしたスープ、酒の後にはうまいなー。ぴろぴろした食感の麺もコシがありこれも好みのものだった。辛味のあるネギも良い歯ごたえ、そしてどっさり入ったチャーシューも美味しかった。

最近あまり来ていなかったが、でもまた酒を飲んだりすると来てしまいそうな気がする。

到着=21:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=塩辛目の醤油味 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】たまてばこ(川口)

6月14日(水) 曇り

メニュー=らぁ麺(中盛り)

Tamateramen7

飲み会の後、いつも行ってる地元の「たまてばこ」を訪問、今回はらぁ麺を中盛りでお願いした。

前回食べたときに乗っていた魚粉は今回のらぁ麺にも乗っている。そうかそうかと思っていたら、違いはスープにも出ていた。以前はかなり濃い味の醤油スープだったが、今回頂いたらぁ麺のスープは出汁の味が良く味わえる感じ、濃い味ではなくなっていた。

ただ甘さは健在、濃い味の時にこの甘みは、ちょっと甘すぎるな、とも思いながら、でも特におかしいとも思わなかった。でも今回この甘みに違和感を感じてしまった。甘みがなければこのラーメン、多分非常に美味しく感じたように思う。

麺は相変わらずうまいこの店、以前の濃い味のスープと、今回の出汁の味が前面に出たスープで甘みを抑えたもの、両方が味わえられればもっと行く頻度が高くなりそうな気がするのだが。でもまた行くんだろうなあ。

到着=23:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介の効いた醤油、甘め お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我空(池袋)

6月13日(火) 曇り

メニュー=つけ肉そば

Gakutuke

以前来た時あまりに味が濃くて驚いた。でも味自体は好きな感じだったので、それならばつけめんなら味が濃くても麺をつけ汁につける量を調整すれば美味しく頂けるだろうと思っていた。というわけで今回「ほんまや」の後に訪店した。

先客1名と結構寂しい店内、おしゃれな内装は以前のままだった。さて早速つけそば、麺を慎重につけ汁に入れ、半分くらい浸して口に運んだ。あれ、そんな濃くないな、ちょっと拍子抜けだったがこれなら麺をどっぷりつけても大丈夫そうだった。

というわけでその後は普通に麺とつけ汁につけて食べ進んでいった。結構美味しい、前回より濃くないとはいえコクのあるスープ、麺は平たく、よくスープが絡む。でももうちょっと太いほうが好みかな。

「ほんまや」でラーメンにご飯を食べていたのでスープ割をしなかったが、空腹なら多分頼んでいただろう。

豚そばはまだ濃い味なんだろうか?もしかすると違う味になっているかもしれない。

到着=12:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=コクのある豚骨醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

徳島ラーメン ほんまや 池袋本店(池袋)

6月13日(火) 曇り

メニュー=徳島ラーメン+生玉子(無料)+ごはん(無料)

Honmayaramen

店についたのは11:25、ただオープンが11:30らしいのでしばらく待つことにした。でも11:30になってもオープンしない、というわけで10分以上待ってやっと入店、開店準備が遅れたのかな?

この店は徳島ラーメンの店、実は徳島出身なのでこれは食べておかないと、と思っていた。徳島ラーメンというとラー博に出ていた「いのたに」が有名だと思うが、実家にいたときによく食べていたのは「三八」という店、というか徳島で有名店といわれるところでは「三八」でしか食べたことが無い。ただし、ラーメンの食べ歩きをするようになり、実家に帰ったときには「いのたに」でも食べている。

さてこちらの店はどんな味だろう。壁には「知っとん、ごはんと一緒に食べるんが、徳島ラーメンなんじょ」という張り紙、なんというばりばりの徳島弁だろうか。これを見てそういえばラーメンはいつもご飯と一緒に食べてたなと思い出していた。まあお好み焼きとご飯、という食べ方もするくらいだし、そんなもんだろう。

さて出てきたラーメンは甘みがあるマイルドな豚骨醤油という感じ、強烈にひきつけるものは感じないが、細めの麺と絡んでするするっと完食できた。でもなんか物足りないなあ、と思ったが、食べ進むうちに味が濃くなってきた。タレとスープがよく混ざってなかっただけだったのかな?この濃くなった状態のスープで麺を食べたらどうだっただろう。

ご飯と一緒に食べようと思ったが、でも結局食べ歩きをはじめてからの食べ方にした。つまり麺を食べ終わった後に、スープをご飯に掛けて食す、やっぱりこの食べ方が好きだなあ。

到着=11:41 待ち時間=2分 行列=3人(オープン前行列)

麺=中細麺 スープ=マイルドな豚骨醤油、甘味あり お気に入り度=7

| | コメント (7) | トラックバック (6)

2006年6月14日 (水)

【閉店】白樺山荘(立川:アレアレアラーメンスクウェア内)

6月12日(月) 曇り

メニュー=味噌ラーメン+ゆで玉子

Sirakabamiso_1

続いて同じくアレアレアラーメンスクウェア内「白樺山荘」にやってきた。さすがにオープンから結構時間も経っているので客も集まりだしてきている、こちらの店もそこそこの客の入りになっていた。

今回は味噌ラーメンを注文、でも味噌ラーメンはあんまり得意じゃないんだよなあ。店に入りカウンター席に座った。すぐに気づいたが茹玉子が盛られたかごがある。どうやら無料で食べて良いらしい、2杯目だが玉子は大好きなので自然に手が伸びた。

Sirakabatamago そんななか出てきた味噌ラーメンは、味噌なのに結構うまい、という表現は不適切だと思うが、自らのイメージとしてはそうなってしまう。これまでの経験が「君は味噌が好きではないはず」とささやくが、でも実感として結構うまいよ、と思ってしまった。コクのある味噌、でも味噌だけの味わいでなくスープの旨みも感じる味わいだった。

ただ、麺は味噌ラーメンによくある麺という感じだが、コシがあり、これは良いが喉越しが余りよくない。この麺は好みに外れる感じのようだ。逆にもっと硬いぐらいだとうまいと思ったかもしれない。

食後に店を出るとき、女性の店員さんの元気な「ありがとうございました」は気持ちがいい。他にいた、無愛想な客にもちゃんと挨拶して、こういう接客をしてくれると印象も良くなる。また来ようかな。

到着=11:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=背脂の浮いたコクのある味噌 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月13日 (火)

【閉店】あってり麺東京(立川:アレアレアラーメンスクウェア内)

6月12日(月) 曇り

メニュー=味玉入りあってり麺

Ateriramen_1

こんばんは、3点目が決まった時点で我慢していたトイレにたった者です、がっかりですね。でも次に勝って、最後引き分けならチャンスありますよ、諦めないようにしましょう!!さてそれはさておき・・・。

-----------------------------------------

結構話題になっていながらなかなか行けなかった店にやっと行ってきた。立川の駅前にあるラーメンスクウェア内の店、第一回の「ラーメントライアウト」優勝店らしい、11時過ぎに「ラーメンスクウェア」についたが流石にがらがら、まだどこの店もオープン作業を終えて無い状況に見える。そんな中、一番行ってみたいと思っていたこちらの店にまず入った。

最初「ミラクル君」というメニューが気になったが店員さんに聞くと梅らしいことが判った、でも梅に魅力を感じなかったのでそれはパスして、味玉入りの「あってり麺」を注文する。

「あってり麺」とはなんぞや?あっさりとこってりが同居したあっりスープらしい、なるほど、と説明文を読みながらも良くわからなかった。

出てきたラーメンは魚介と動物系がバランスの良いスープ、出てきたときの香りが既に好きな匂いだった。やっぱりスープの味わいも好みの味、細めでコシのある麺もあっており、満足できる味わいだった。

やはりこの時間は空いているようで、先客無しで、後客も1名、まあ11時から混むことは無いだろう、でも結構美味しかったのでこのアレアレアのラーメンスクウェアに来たらまた来るだろう。

到着=11:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介と動物系スープがバランス良く効いた醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

二郎(松戸)

6月10日(土) 曇り

メニュー=ぶた入りラーメン(ニンニク入り)

Matujiroramen3

というわけで、どこの店に行こうかと思ったが、今回は結局「二郎」に行くことにした。店につくと、いやー並んでるなあ、でも予想通りの行列だった。

雨の中、行列に並んで待つ。その間、なぜか羊肉を焼く匂い、この近くにジンギスカンの店なんてあったかな?結構待って券売機で券を買った。券を買い終わった後、券売機の前に立ってしまいおばちゃんに注意された、しまった、前回並び方にルールがあることに気づいていたのに、なんと学習能力の無い。

まあそんなこともありながら席に着いた。ラーメンが出来る前にニンニクの有無を聞かれ、今回は仕事中でもないし、バイクで来てないので(バイクだといつもフルフェイスヘルメット)ニンニクありでお願いした、ただしそれ以外は普通で。

松戸二郎は3回目、実は2回目は美味しいと思ったが、1回目はそれほどでもなかった。さて今回はどうだろう。

出てきたラーメンは背脂が浮いたうまそうなスープだった。ただ、最初タレの味が強く、前回の方がうまかったなあ、と思った。でもその後、スープの絡んだ麺と表面に浮いた背脂を絡めると、タレのきつさが弱まり、非常にうまくなった。

それが判ってからは良く混ぜて食べるようにする。野菜、麺、スープ、そして背脂が口の中で旨みを広げる、うまいうまい。

最初、あれっ、と思ったが結局非常に満足して電車に乗って買えることが出来た。また行こう。

到着=13:04 待ち時間=35分 行列=17人(調整2名先入)

麺=太麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

雲水(松戸)

6月11日(日) 雨

メニュー=醤油ら~めん+味玉

Unsuiramen_1

本日もバイクで出かけようと思っていたが、残念、雨が止まなかったので諦めた。という訳で行きたい店リストから松戸の店を選択、最初に訪れたのがこちらの新店「雲水」だった。

こちらの店は松戸駅から7、8分というところ、松戸二郎を過ぎてちょっと歩いたところにある。黄色い看板が印象的な店、店の中に入ると、こちらの店が出来る前もなんかの店をやっていた様な雰囲気があった。

醤油ら~めんを注文、カウンター上の壁には「煮干らーめん」と「魚介塩らーめん」の張り紙があり、魚介のスープを期待させる。

さて出てきたラーメンは、確かに魚介が効いたスープ、ただ煮干がガツンと効いた感じではなく程よく効いている感じ、結構好みの味わいだった。麺はぼそぼそ感があり、喉越し良くない、これはイマイチかな。

チャーシューは歯ごたえあり、肉のうまみを感じる。ただくさみもあるので美味しいとはいえない。

松戸まで来て、この店をどうしても食べたい、という程ではないが、でも麺が好みのものになればまた行ってみたいと思える味だった。それにしてもレンゲがこの丼には不釣合いなほどでかい、このレンゲのために麺を食べづらかった。もっと小さいものにすればいいのに。

Tomitateikyu 実はこの後、期待の店「中華蕎麦 とみ田」に行ってみたが、残念、お休みだった。まあ元々「とみ田」には平日に行こうと思っていたし(日曜日は行列が凄そうだから)、実はそんなこともあるかな、と予想していたのでショックは少ない。松戸には他に行きたい店も沢山あるので、おとなしく次の店に行こう。

到着=12:33 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=魚介の効いた醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来来ラーメン(江古田)

6月10日(土) 曇り

メニュー=排骨坦々麺+サービスライス

Rairaitantan

「らすた」の後、こちらの新店にも行ってきた。「らすた」とは線路をはさんで反対方向、店内は結構な広さだった。

注文はしらけんさんのブログで「はしご」に似ているというのを見ていたので「排骨坦々麺」を注文した。職場に近い銀座の「はしご」はかなり好きな味で、いつも「排骨坦々麺」を注文している。2杯目なのにいつもの(はしごの)クセでサービスライスの有無を聞かれて「お願いします」と言ってしまった、食べきれるだろうか?でもタクワンの千切りは無い(当然だけど)。

従業員は店主さんと思しき方を含め3人、店主さん以外はアジア系の方たちのようだが、そのうち厨房内の方が店主さんに質問をするする、いちいち作業の内容を確認しており、店主さんもそのためばたばたした感じになっていた。まだ慣れてないんだろうなあ、新店だし。

さて出てきた坦々麺は、なるほど確かに「はしご」に似ている。ゴマの香ばしい香りと、酸味の効いたスープ、所々にゆずの風味も感じる。麺は中細のストレート麺、ちょっと粉っぽい感じもする、もうちょっと細くても良いかな(と思うのははしの影響だと思う)。はしごよりも大分辛味が足りないと思ったのは、いつもはしごで「大辛」注文しているからだろうか。

排骨は揚げたて、ただ肉が薄い上に硬く、これは好みとは大分外れる。もしかするとばたばたしていたので揚げすぎたのかもしれない。

最後にライスにスープを掛けて頂いた、辛みのあるスープはライスに良く合う。排骨以外は結構満足したなあ。

到着=12:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=ゴマと酸味の効いた辛いスープ お気に入り度=7

| | コメント (1) | トラックバック (1)

【閉店】らすた(江古田)

6月10日(土) 曇り

メニュー=らすた麺+旨玉

Ekorasutanori

「江古田」に最近出来た新店、といっても「らすた」は代々木にある店で一度食べたことがある。でも本店である「日吉」では食べたことが無い。

バイクで「江古田」についたのが11:15、こちらの店の営業時間は11:30なのでオープンまでゲームセンターで時間をつぶした。さて11:30になったので店につくと数人、店の前で待っていた。同じく店の前で待ち、ちょっと遅れた35分のオープンとともに店に入った。ちなみに最初に半数くらい席が埋まったが、食べ終わって出る頃には行列が出来ていた。

麺茹機が茹でることが出来るのは6玉まで、入店は7番目だったのでファーストロットは逃し、次のロットでラーメンを頂くことになった。それにしても代々木の店でも感じたが、麺箱に置かれた麺の色が鮮やかな「オレンジ色」、あの色は何の色だろうか?

Ekorasutaramen さて出てきたラーメンは一面ののりで表情が隠れている。これではなんだか判らないので、そののりをどけてもう一枚写真を撮った、そういえばこれ代々木の店でもやったなあ。

ラーメンはコクのある豚骨醤油、旨味は強いが、でもクセは少ない、これはうまい。期待の麺はやはり極太で喉越しがよく、これも好みの食感。意外とコシは強くないが、でも柔らかい訳ではないので問題ない。

もう一軒行こうと思っていたが、スープがうまいので結構飲んでしまった。満足満足、かっかっかっ。

ちょっと気になったことがあったのだが、店の中に家族連れがいて、元気なお母さんがいた。元気な子供は嫌いで無いのだが、このお母さんがずっと話しており、それはまあ良いとして、甲高い声でしかも大きな声だったのは参った。

でもこの家族連れ、お父さん、お母さんとラーメンを食べ終わったら後の行列を考えてかすぐ店の外に出ていた、えらい。でも残された子供はかわいそうな気もする。お母さんが子供に「ゆっくり食べなさい、急いで食べること無いから」と言って出て行ったが、これはその通りだと思う。ラーメンはマイペースで食べるのが一番、食べるのが早い人は早く食べればいいし、遅い人が急いで食べても意味は無い。

でもやはり心細かったのか、お子さんはすぐ出て行った。この場合、お父さんが出て行くのは当然として、お母さんは残っても良さそうな気もするなあ。

この店も行列していたが、すぐ横の「いちや」に行列あり、いやー「江古田」に住んでる人がうらやましい(この後店の前を通った「ヤマン」も満席だった)。

到着=11:32 待ち時間=3分 行列=6人(オープン前行列)

麺=太麺 スープ=コクのある家系豚骨醤油 お気に入り度=8

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月10日 (土)

【閉店】つけそば屋 北かま(神保町)

6月9日(金) 雨

メニュー=つけそば(味玉)+大盛り

Kitakamatuke先日来た時にまだ休業中で、実はその翌日が再開日だったとその後知った。まあ、そのうち行こうと思っていたが、本日外出の予定があったので、ついでに行ってきた。

本日は激しかったり、小康状態になったりと、不安定な雨の中、店につくと数人の行列が出来ている。券売機は店の外にあり、前の人が店内に入ったので、券を買おうと思ったら突然の停電、券売機も電気が切れた。電気が点いたり消えたりを複数回繰り返して復旧、電気が点くたびに1,000円札を券売機に入れようか、止めようかを繰り返し、ドッキリカメラのような動きをしてしまった。

店内に入ると暗めの照明、カウンターのみの席構成のようだ。暫く待って1名席のカウンターに座ってつけめんを待つことに。

出てきたつけめんは、これがすごいガツンと来る味、魚介がガツン、豚骨がドスンとかなり濃厚なつけ汁だった。そしてもっちりした太麺も、このつけ汁にあっており、本日実はかなりの腹減り具合だったので、その胃袋に満足感を与えてくれた。ただ濃すぎるので、麺の絡め方を調整しながら食していった。

Kitakama でもこの味わいはどこかで食べた気もするなあ、渡辺氏プロデュースの店のどこかで食べたような。そんなことを思っていたが、後でネットで調べたら、この店の本店というべき横浜弘明寺の「北かま」は渡辺氏のプロデュースらしい。横浜弘明寺の「北かま」は行ったことが無いが、でもどこかで似た店を食べているのだろう。そういえば「しんの助」からも花が届いていた。

麺を食べ終わった後のスープ割りは、厨房入り口にあるポットにスープが入っているようでこれを自分で入れた。ちょっと麺の更に直接スープを入れて、そのまま飲んだが、魚介が効いた味わい、でもちょっと魚のえぐみのようなもの感じた。まあ、直接飲まなければ感じなかったが。

店を出るとき「ごちそうさまでしたー」、というと「ありがとうございましたー」のほかに「失礼しましたー」の声もあった。大丈夫ですよー、失礼されてませんよー。

到着=12:35 待ち時間=5分 行列=4人

麺=太麺 スープ=魚介豚骨が濃厚に効いた醤油 お気に入り度=8

| | コメント (4) | トラックバック (8)

麺屋 婆娑羅(大岡山)

6月8日(木) 曇り

メニュー=ラーメン

Basararamen

先日店の前まで行ったが臨時休業のため伺えなかった店、今回時間が取れそうだったので再度行ってきた。今回は休みでは無さそうだが、店についたのは11:20のため店はまだ空いていない。近くで時間をつぶして11:35に再登場、どうやら最初の客だったようで、入ったときに店内の電灯を点けていた。

カウンターが一直線に奥まで伸びたつくり、店は結構広いがカウンター席しかない。券売機が無いので注文を直接店員さんに伝えた。今回はラーメンを注文、といってもラーメンとその大盛りしか無いようだ。でも普通のラーメンが300gでその少なめ(200g)というのもあったので3種類になるのかな。

厨房内でつくっているのを見たが麺を入れたときに丼から麺があふれていた。昨日体調が悪く、神保町二郎の量に苦戦したが、今回は体調も良いので大丈夫だろう。

そのラーメンは二郎インスパイアと呼ばれるだけに見た目二郎風、野菜(もやし、キャベツ)が沢山乗っている。スープは二郎に比べると濃い味では無い、案外あっさりしていて飲みやすい感じ、でも野菜に負けない味はあるので野菜と一緒に食べても大丈夫だった。麺と一緒に野菜を食べると結構美味しかった。でも最後はちょっと味に飽きてきて、調味料(一味唐辛子、醤油、ラー油)を足して頂いた。ラー油は合わなかったなあ。

で、問題はチャーシュー、実は事前に他の方のブログなどで八角が効いているとの内容を見ていた。じつはこの風味があまり好きでは無い。でもこのチャーシューは八角の風味は確かにあるが、程よい味付けで問題なかった。チャーシュー自体も柔らかく結構うまい。

当初の予想より結構満足して店を出た。

ちなみに6月10日(土)の「裸の少年」で陳 健一氏が試食するらしく、その張り紙と写真が張ってあった。陳氏はどんな感想を持ったのだろう。

到着=11:35 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006年6月 9日 (金)

二郎(神保町)

6月7日(水) 曇り

メニュー=小豚

Jinbojiroramen

二日酔い、そしてかなり寝不足の中、神保町にやってきた。最初まあやってないだろう、と思いながら「北かま」に行ってみたら予想通りやってない。ただし、休業の張り紙の下に「6/9より営業予定」の文字、また今度行ってみよう(ちなみに確認に来たのは2回目)。

*上記内容を「とらさん会議室」に載せたが、実は9/8に再開していたらしい、というフォロー記事を掲示してもらった。つまり行ったのは再開一日前ということになるのか、惜しい。まあ近いうちに行こうと思ったが、チャンスがあり今日(6/9)に行ってきた、実食報告は別途掲載!!

さて休業してると思いながら神保町に平気で来れるのは「二郎」に行こうと思っていたから、店につくと17人の行列、こんなに並んでいるとは・・・。2時前には会社に戻る予定なのだが大丈夫だろうか。

かなり待って店に入る、券売機で「ラーメン」の券を買おうと思ったが、なんか肉を喰いたくなり「小豚」にした。

さてラーメンが提供されるときトッピングコールがあったので今回は「普通」でお願いした、なのになんでこんなに野菜が乗っているのだろう。これで野菜マシにしたらどんな事態になってしまうのか、恐ろしい。

まずは野菜をやっつけるため、野菜山のサイドを攻撃し始めた。そのサイドの野菜を下のスープにつけて食すと、濃い味のスープと絡んでもやしがうまい。

その後、麺を引っこ抜きに掛かったが、これがなかなか出てこない。ようやく麺をほじくりだして口に入れると、かなりコシがあり、ただ硬いほどでもない食感、これもスープに絡んで美味しい。かなり辛めの味わいでガツンとくる感じの味だった。

豚もジューシーで肉の旨みがある、これもいい感じ。どんどん食べ進んでいったが、3分の1くらいで箸の動きが鈍りだした。やはり体調がすぐれない状態でこの量はつらい。普段なら難なく食べ干せる量だが今日は無理かも。結局、麺、野菜は完食、ただしチャーシューは1枚残してしまった。ふ、不覚・・・。

今度体調が万全のときにリベンジしよう。

Kitakamaharigami ちなみに最後の写真は「北かま」の張り紙、6/9にちゃんと営業再開するのかな?

到着=12:32 待ち時間=35分 行列=17人

麺=太平麺 スープ=コクのある濃い味の醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

【閉店】饅頭屋(川口)

6月6日(火) 曇り

メニュー=花ラーメン

Manjyuramen_16月5日にオープンしたばかりの新店「饅頭屋」に行ってきた。地元なのでそのうち行こうと思っていたが、仕事仲間と酒を飲んだ後、まだやってるかな?と見に行ったら営業していたので中に入った。店内は数組の客、まあこの時間にこれだけ入っていれば良いほうだろう。

券売機で「花ラーメン」を選択、このほか「龍ラーメン」というのもあるようだ。結構広めの店内、席に着くと目の前に「ルイボスティー」がポットに入っていた。なんか一風堂みたいだな、と思っていたら、別席の注文の「花ラーメン」「龍ラーメン」を「赤、黒」と厨房内にオーダーを通していた。赤、黒とかやっぱり一風堂っぽいなあ。

Manjyukenbaiki 出てきたラーメンはコクのある豚骨、クセのある感じではないが、しっかりした味で結構うまい。でも以前一風堂で食べたときはもっとすっきりした味だったと思う。そして麺は細く、でも結構コシがあった。チャーシューはちょっとクセのあるにおいがあった。これはまあまあだな。

かなり酒を飲んだ後なので、味の記憶は正直あいまい、地元だし酒の入ってない状態でまた行ってみたい。

到着=23:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのあるトンコツ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月 7日 (水)

【閉店】友蔵(平井)

6月6日(火) 曇り

メニュー=のり玉そば

Tomozoramen

仕事の途中平井駅で降りて最近出来た店「友蔵」に行ってきた。先客なし、ながら後に数名入ってきた。

最初「鯛豚骨塩らーめん」に使用かとも思ったが、やはり初めて行った店は基本的に醤油を頼むので、今回も醤油ラーメンを券売機で購入、ただその後味玉をトッピングで買おうと思ったら、「のり玉そば」というボタンが目に付いたので店主さんにお願いして変更してもらった(現金で100円払った)。

出てきたラーメンは丼の周りにのりの花が咲いたような見た目、こののりの花は水分を吸って萎れてくれ。しゅーって感じ。なんか朝開いていた花が徐々にしぼむように見えた。

ラーメンは強い味ではないが、旨みはしっかり味わえて結構好みの味わい、しつこすぎない感じでいい感じ。麺とも絡んで美味しくいただけた。

チャーシューは口に入れるとほろほろとくずれていくタイプ、肉の旨みも感じてうまい。

なかなかうまい一杯だった、次回来た時に今回食べなかった「鯛豚骨塩らーめん」を頼んでみよう。

到着=12:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりながらも旨味のある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京ラーメン つなふじ(王子)

6月4日(日) 曇り

メニュー=ラーメン(並)+にぎり2ヶ

Tunafujiramen昨日ラーメンを食べた帰り、バイクで滝野川大勝軒の横を通り、それを過ぎてすぐの所にラーメン店を見つけた。その時はシャッターが降りていたし、既に2杯食べていたので後日行くことにした。

結局1日後の今日伺った。店に入りメニューを見るとラーメンの他に「にぎり」の文字が見える。これは東十条のマリオン関連かもしれない、と思い、そうなればもちろん注文は「ラーメン(並)」と「にぎり2ヶ」でお願いした。

出てきた「にぎり」は予想通り醤油で色の付いたご飯の上にチャーシューが乗っている。マリオンで食べたときよりもチャーシューとご飯の一体感が無いが、でもご飯とタレのうまさ、チャーシューのコクが合わさったこの「にぎり」はうまい。2ヶじゃなく4ヶにすれば良かった。

Tunafujijikan ラーメンは非常にあっさりした味わいのスープ、縮れた細い麺も東京ラーメン問い感じがする。ガツンとくるものは無いがするするっと食べられるタイプのラーメンだと思う。

正直ラーメンだけだと印象が薄いが、やはり「にぎり」と合わせて食べると結構満足感が味わえると思う。

到着=18:27 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 6日 (火)

【閉店】江戸ぶた(高円寺)

6月4日(日) 曇り

メニュー=しょうゆ味玉

Edobutaramen

以前「がんこ」があった場所に出来た店、「江戸ぶた」とは変わった名前だなあ。店内にその「江戸ぶた」について書かれたものがあったが、内容は忘れてしまった。

さて出てきたラーメンはもやしが大量に乗っている、一瞬二郎風に見えたがスープの色が大分違う。麺を引き出すと中細の麺、ただもやしが大量についてくるので食感がよくわからない。この麺ではもやしの食感に負けて存在感が薄い。

スープはマイルドな豚骨スープ、これは普通に飲めば美味しいと思うが、麺と、というか麺と一緒のもやしとあわせて食すとこのスープの存在感も薄くなる。やはりこれほど大量のもやしが入ると、二郎のような強い味の醤油か、味噌ラーメンなどでも無いと合わないような気もする。自分だけかもしれないが。

正直、もやし無しだとどんな味なのか食べてみたい気がした。

到着=12:52 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=マイルドな豚骨醤油 お気に入り度=5

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月 5日 (月)

真風(吉祥寺)

6月4日(日) 曇り

メニュー=醤油味玉らーめん

Majiramen午前中病院に行き、その関係で本日はバイクで出かけることが出来なくなった。このため電車での移動となった。そこで向かったのが吉祥寺の「真風」、先日行った吉祥寺「中本」のすぐ近くだった。こちらのほうがちょっと駅に近い(あんまり変わらないけど)。

店内は落ち着いた内装、券売機でラーメンの券を買おうと思ったが目当ての「鯛塩らあめん」は夜の限定メニューだった、残念。そこで今回は「醤油味玉らーめん」を注文することにした。

カウンターに座って待つと、すぐにラーメンは提供された。背脂が表面に浮いているスープはかなり塩気の強い味わい、ちょっと自分には塩気が強すぎる気がした。

細いながらもコシのある麺は、最初こりっとした感じもあるが、これは結構良い感じ。具材のチャーシューは柔らかく、ただくさみが気になった。

自分にはもう一度来ようと思う魅力は少なく感じたが、もしかすると「鯛塩らあめん」はもっと魔力のあるメニューかもしれない。

到着=12:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=塩気の強い背脂醤油 お気に入り度=6

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月 4日 (日)

つけ麺道 たけし(千川)

6月3日(土) 曇り

メニュー=醤油つけ麺

Takesituke

今日は2軒伺おうと思っていたが、最初に予定していた店が休みだったので、予定の2軒目は既に訪れてしまった。でも大丈夫、ラーメン店の臨時休業は慣れっこになっているので、今日も数店、行きたい店リストからピックアップしておいた。それがこちらの店、今日行かなければ多分、明日の日曜日に行っていたと思う。

店につくと結構行列しているようだ、店外に張り出されたメニューに辛つけ麺の文字、並盛り(350g)大盛り(500g)同額などなんか「やすべえ」に似ている気がする、気のせいかな?ちなみに特盛り(700g)もあるようでこれは100円増しのようだ。

Takesimenu さて店内はカウンターのみの構成で、このためかまだ前に2人いる状態で調整のため先に入ることが出来た。カウンターに座って気づいたが、刻み玉ねぎの壷がある、ということはやはり「やすべえ」系なのかも。

出てきたつけめんのつけ汁は濃く、甘く、そして酸味も効いたもの、これは結構好きな味。実は「やすべえ」ではいつも「辛つけめん」を食べるのだがそれは醤油つけめんの甘さが苦手だから、こちらのつけ汁も確かに甘めだがそれほど強いということも無い。酸味も適度に効いているし、美味しくいただける。

もっちりした感じの麺も好みの食感、主張の強いつけ汁にもよくあっている。

若い人、家族連れ、カップルと行列にはいろんな方がいたが、そうかこの場所も結構人が集まるようだ。

到着=12:50 待ち時間=18分 行列=10人(調整2人とばし)

麺=太麺 スープ=酸味があり、コクのある醤油、甘め お気に入り度=8

| | コメント (6) | トラックバック (1)

づゅるめん 池田(目黒)

6月3日(土) 曇り

メニュー=味玉つけめん

Ikedatuke 本日はバイクで大岡山まで出かける予定、狙うは「麺屋 婆沙羅」で二郎風ラーメン、と思っていたが実際行ってみるとなんと「勝手乍ら、本日お休み致します 店主」の文字、そ、そんなバサラ!!・・・、このネタが使えたからまあいいか。

では気持ちを切り替え次の店に、ということで目黒に最近出来た「づぁるめん 池田」にやってきた。この「づぁるめん」は最終的に「ざるめん」ということになるのかな、つけめんがメインの店のようだ(ぼぶさんから教えて頂いたのだが、店名は「づゅるめん 池田」のようなので修正しました)。

券売機は店の外にある、ここで「味玉つけめん」、カウンター席に座って待つ。厨房内には2人いるが基本的に調理は1人でやっているようだ。

出てきたつけめんはコシのある太い麺で、喉越しもよくとても好みの麺だった。

つけ汁も動物系のコクが効いており、これも好みの味わい。唇にねっとりとゼラチン質のものが付いている。つけ知るにキャベツが入っているが、これは味にあまり変化を与えていない。

うまかったのであっという間に食べ終わった。この後スープ割をお願いすると、これは魚介が効いた味わいになる、ラーメンは魚介が効いた味になるのだろうか、それも一度食べてみたい気もする。

到着=11:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのあるスープの醤油 お気に入り度=8

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2006年6月 3日 (土)

すずらん(渋谷)

6月1日(木) 晴れ

メニュー=和牛伽哩麺(5種乱切つけそば)

Suzurankareまたしても「すずらん」へ、今年5回目の訪問となった。これは多分赤羽の高はしに次ぐ訪店数になっている。でも高はしは毎回同じものを食べているが、すずらんでは味噌つけを2回食べている以外は、他3回とも違うものを食べている。その3回目は今回の「和牛伽哩麺」カレーのつけ麺である。

本日は少な目の行列、結構金曜日の鶏白湯狙い行列を見ているので少なく感じてしまった。この「和牛伽哩麺」も20食限定なので12時過ぎの到着は不安ではあったが、行列時に注文を取りにきたおねーさんの反応からするとまだ大丈夫そうだった。

さてこのカレーのつけめん、つけ汁はもちろんカレースープ、コクがあり、しかもまろやかな味わいでこのつけ汁自体がうまい。家庭のカレーとも違い、インド風のカレーとも違う味わいは、欧風カレーという感じだろうか。よくカレーにありがちなスパイスの味と風味しかしないものではなく、このソース自体に旨みを感じる。ちなみにそれほど辛くは無い。上に掛かった白いものは生クリームか、それともサワークリームも混ざってるか、これでさらにマイルドな味になる。

そして5種の麺が盛られた皿から、まずは平打麺をつけて食べると、食べたことのある麺もカレーに引き立てられ麺のうまさ(小麦の味わい)が引き立つ。太い麺や細い麺を一緒に食べたり、太麺だけで食べたりと味わい方も行く通りも楽しめる。

このカレーはとても熱々で麺をどっぷりつけ、そのまま油断して食べると口の中を火傷しそうだ。

カレーが美味しかったので、思わずライスを追加してしまった。てんこ盛りライスは量的につらいな、と思ったが適度な盛りの小ライスだった。これをカレーつけ汁の器に投入し、カレーを最後まで味わった。

また行ったときには新たなメニューが頂けるかも、楽しみな店だなあ。

到着=12:07 待ち時間=6分 行列=6人

麺=5種麺(太麺、ひもかわ麺、太麺、中太麺、細麺) スープ=コクがあるがまろやかなカレー お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月 2日 (金)

イツワ製麺所食堂(北久里浜)

5月30日(火) 晴れ

メニュー=つけ麺(太麺:300g)

Ituwatuke

住所を調べてお店に行ったが見当たらない。辺りをぐるっと回って、なんだかおねーさんが入っていった場所を見ると看板があるような気がした。よーくみると「イツワ製麺所食堂」と書いてあるような、無いような、中を見てやっと目的の場所と気が付いた。

中に入ってもラーメン店のイメージなし、ベトナム料理とか南国カクテルとかが出てきそうな気がする内装、お香の香りも漂ってくる。不思議な店だなあ。

Gaikanつけめんがメインのようで、そのつけめんは太麺と細麺があり、量も250g、300g、350gが同じ料金で選べる。今回はつけめんを太麺、300gで注文した。

出てきたつけめんはつやつや光るちょっと黒味のある麺が美味しそう。食べてみると小麦の旨みも感じ、コシもあってかなり好みの麺だった。つけ汁は強い酸味を感じるもの、麺をつけて食べるとこの強い酸味に最初違和感を感じてしまった。でも食べ進むうちに慣れてくる、このつけ汁にはマヨネーズのようなマイルドな味も感じる。いやでも慣れてくると結構おいしく感じがしてきた、でもやっぱり酸味が強いかなあ。

Ituwairiguti このつけ汁にはなかなか慣れなかったが、裏に製麺所があるらしくこの麺は美味しいと思った。またつけ汁に入っていたジューシーな鶏肉も好みの味わいだった。この味わいは好みが分かれそうな気がするが、でももう一度いくとなんか病み付きになりそうな気もする。でも北久里浜は遠いから、なかなか来れないだろうなあ。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=酸味の強いコクのある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (6) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »