« 阿修羅(京成船橋) | トップページ | でんぷしい(阿佐ヶ谷:遠い) »

2006年4月29日 (土)

大竹ラーメン(西千葉)

4月27日(木) 曇り

メニュー=ラーメン

Ootakeramenこちらは竹岡式ラーメンを出す店、竹岡式は久しぶりに食べることになった。

カウンターに座りテレビを見ながら出来あがりを待った。ちなみに先客1名、のんびりした雰囲気が漂う。「笑っていいとも」を見てたら、そうだ作るのを見るの忘れてた。

出てきたラーメンは濃い色醤油のスープに刻みタマネギが大量に乗っている。色だけでなく、味も濃い醤油スープだった。でもちょっと甘口、こんな甘く無いほうが好きかな。

麺は乾麺、竹岡式だとなぜかうまく感じる、ただものすごく絡まっていて、食べづらい。もう少しほぐして欲しい。

チャーシューはうまい、肉を食ってるなと実感する。このチャーシューでライスを食べてみたかった。でも2食目だし、胃の調子もそれほどすぐれないのでやめておく。

後客無しはちょっと寂しい感じだが、特に後悔することはなく店を後にした。

到着=12:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺(乾麺) スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=6

|

« 阿修羅(京成船橋) | トップページ | でんぷしい(阿佐ヶ谷:遠い) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/9811865

この記事へのトラックバック一覧です: 大竹ラーメン(西千葉):

« 阿修羅(京成船橋) | トップページ | でんぷしい(阿佐ヶ谷:遠い) »