« 上弦の月(蒲田) | トップページ | 梵天(渋谷) »

2006年3月29日 (水)

プルーカフェ(東銀座)

3月28日(火) 晴れ

メニュー=春爛漫お花見らーめん

Porucafeharu今回3度目の訪問、これまで山形ラーメンと山形水ラーメンを頂いている。

この店は普通のオープンカフェでメニューにはドリンクのほか、ロコモコなどもあるなか、山形ラーメンの文字がある。

今回注文のメニューは「東京1週間」に載っていた限定メニュー、店の前にもその記事が貼ってあった。そうか27日までか・・・、なにー、昨日までじゃん。残念に思いながら、念のためまでやっていないか聞いたら、なんとまだ大丈夫とのこと。という訳で注文した。

出てきたラーメンは冷たいラーメン、上に乗った物体はハイビスカスとバラのお茶で出来た氷らしい、かじるとそんな味がする。

スープは以前食べた山形水ラーメン同様強い魚介の風味と旨味がある。そして見た目豚骨のように見えるのは豆乳、マイルドな味わいで面白い。

麺は縮れた平麺、この麺自体は特に旨さを感じなかった。

面白い一杯だが、まだ春先のオープンなカフェは肌寒く、また、もとから冷たいスープのため、香りの良い氷はまったく溶けず、味の変化を感じられなかった。

事実かじらなかった大きいほうの氷は、最初に出てきたままの形で丼と一緒にかたずけられることとなった。

この店ではラーメンより水ラーメンが好きなのだが、今回のメニューも暑い時期ならもっと美味しかったかも。このあと身体が冷えてしまったのでコンビニで肉まんを買って食べてしまった。

到着=11:40 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=魚介の効いたマイルドなスープ、冷たい お気に入り度=6

|

« 上弦の月(蒲田) | トップページ | 梵天(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/9322917

この記事へのトラックバック一覧です: プルーカフェ(東銀座):

« 上弦の月(蒲田) | トップページ | 梵天(渋谷) »