« 高はし(赤羽) | トップページ | 醍醐(銀座) »

2006年3月11日 (土)

嗟哉(初台)

3月9日(木) 曇り

メニュー=つけ麺

anayatuke

先日「初台」の駅を降りたときには「一福」に伺ったが、今回はこちらの「嗟哉」に行ってみた。

店内は満席ですぐには座れなかったが、程なくして席が空いて着席、今回はつけ麺を注文した。

厨房内はお二人で調理をしており、てきぱきしたつくりかたをしていた。ただ女性はあまり愛想よくないのが気になるところ、忙しかったからかな?

前回は「和出汁つけ麺」を頂いたが、今回はつけ麺にしてみた。つけ汁は魚介の風味が結構するもので、好みの味わいだった。

麺はそれほど太くなく、つるっとした食感、もう少し太くてもちもちしたほうがつけめんには好みだが、この麺でもつけ汁を十分堪能できる。

麺の入った丼が出てきたときに随分量が多いなと思ってしまったが(そういえば前回も思った)、この丼の下に麺の水を切る受けザルがあるので多く見えるだけで、量的には普通の多さだと思う。

初台、幡ヶ谷とこの近辺にも行きたい店が増えてきたなあ。

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=魚介の効いた醤油味 お気に入り度=8

|

« 高はし(赤羽) | トップページ | 醍醐(銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/9034403

この記事へのトラックバック一覧です: 嗟哉(初台):

« 高はし(赤羽) | トップページ | 醍醐(銀座) »