« 二郎(池袋) | トップページ | 鮎ラーメン(二子玉川) »

2006年2月20日 (月)

八の坊(都立大学)

2月19日(日) 晴れ

メニュー=スープやきそば+味玉

hatiboyaki 「スープスパゲッティ」、これは既に市民権を得ている思う。スープ状のソースにパスタが入っている。

「スープチャーハン」、これはあまりなじみ無いかもしれない、有楽町にある「慶楽」で食べたメニュー、チャーハンにスープが掛かっている。チャーハンがさっぱりした味わいになり結構美味しい(でもちょっと高い)。

今回伺おうと思った「八の坊」では「スープやきそば」なるメニューがあるとの情報をぼぶさんのブログで知った。そこで自宅の充電器で復活したバッテリーを積み、本日もバイクで出動する。途中無理なすり抜けを敢行し、車にぶつかったバイクを横目に環七を走る。安全運転、安全運転。

店内はカウンター七席のみで大きくはない。「スープやきそば」を注文すると早速やきそばを炒め始めた。でてきた料理は確かにやきそばにスープがかかったもの、スープの表面の上にでた麺を食べると間違い無くやきそばの味わいだった。

でも夜店のぎとぎと焼きソバではなく、中華のほう、という感じ。そしてこのやきそばがスープに浸かると、らーめんっぽくなる。でも味にやきそばは残っており面白い一杯になっている。

後半、野菜やソースの味がスープに加わりる。このスープがなんかくせになる味わいで結構飲んでしまった。

感想としては、やっぱり面白い一杯、という感じだった。でもなんか結構満足して店を出たなあ。

到着=15:10 待ち時間=21分 行列=11人

麺=太麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=7

|

« 二郎(池袋) | トップページ | 鮎ラーメン(二子玉川) »

コメント

こんにちはー。
八の坊行かれたのですね。スープやきそば、なかなかジャンクではまりますよね。
ライダーマンさんの記事を読んでいてまた行きたくなりました。

投稿: ぼぶ | 2006年2月21日 (火) 09時44分

コメントありがとうございました
面白く&満足ですよねぇ~

投稿: しらけん | 2006年2月21日 (火) 19時46分

行ってきました~^^
食べてる最中ず~っと想像力を掻き立てられた味は初めてですね~
ほんと面白味ですね。^^

投稿: Tkz | 2006年3月 7日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/8760543

この記事へのトラックバック一覧です: 八の坊(都立大学):

» 晒されてない真実!? [IT業界を震撼させる号外NEWS]
堀○モンの再逮捕裏側!晒しまくれ!成功の影に隠れる裏の顔…こんな事もやっていたハズだ!今や安定期を迎え始めたIT業界。しかし業界を震撼させる闇の部分が晒されていない。成功者と呼ばれるID革命男児達の知られざる利害関係と資金の作り方とは!?堀○だけではない…周りが言うからアイツなのか…果たしてアイツだけがババを引いていいのだろうか!?新の裏MVPはコイツ達ダ!!... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 22時55分

» 【25】麺家 八の坊@都立大学 [ぼぶのラーメン紀行]
訪問日時:2006/2/6 12:15 わが実家近くに 新店オープンの情報を聞きつけやってきた。 元は小さな天ぷら屋があった場所。 写真の生花には「岩城晃一」の名前が。。 建て付けの悪い引き戸を開けて入店。 せまっ・・・ レクサスのマークみたいな形のカウンターに7席。 ..... [続きを読む]

受信: 2006年2月21日 (火) 09時45分

» 麺家 八の坊@都立大学 [両国のダイビングショップオーナーの日記]
ぼぶさんのブログ を読んで興味が出てきて営業時間が遅いのを確認しテニスの後に小雨混じりの雪の中訪問してみる 早速スープやきそばなるものを食べてみる 確かに中華なべっぽいものでやきそばを作りスープの入ってるどんぶりへ スープを飲んでびっくり!「ありゃ?本当に...... [続きを読む]

受信: 2006年2月21日 (火) 19時47分

» 麺家 八の坊@都立大 [ラーメン通信 By Tkz]
ぼぶさんのトコで知って、  「うお〜なんじゃこりゃ?行ってみてぇ〜 w(゚○゚)w 」と 興味津々だったお店へ。 麺家八の坊さんへ〜 なんってったって、「スープやきそば」ってメニューを引っさげての新規開業ですからねぇ (゚Д゚) テラメズラシス 都立大学の駅近く、目黒通りへ出るちょっと手前。 なんかの居ぬきなのだろうか?この建物だけ妙に時代がかった雰囲気。 長い白暖簾をさっとくぐり、ガラガラガラッ なんて扉を開け�... [続きを読む]

受信: 2006年3月 7日 (火) 22時36分

« 二郎(池袋) | トップページ | 鮎ラーメン(二子玉川) »