« 駄菓子屋 穴子拉麺(六本木) | トップページ | くるり(市ヶ谷) »

2005年12月31日 (土)

【移転】滝野川大勝軒(王子)

12月30日(金) 晴れ

メニュー=ラーメン+ねぎワンタン+生ビール

takidaisyoramen

12月30日ともなるとやっている店を探すのもなかなか難しい。とらさんサーチの年末年始休業情報をのぞいていると、そうか滝野川大勝軒はやっているのか、じゃあここに行こう。

この店は王子駅からちょっと歩くが(10分程度)行くときは結構遠く感じる。でも食べ終わって満足して帰るときには駅までの道は短い、いろいろ余韻を楽しんでるので。ちなみにその道すがら「たこ課長」というとこ焼き屋さんがある、なぜ課長?

さて本日は仕事も終わったのでビールとつまみを注文、最初に生ビールとビールについてくるおつまみメンマが出てきた。このメンマがなんだかうまく、メンマだけでビールを3分の2飲んでしまった。まだねぎワンタンがくるのだが・・・。もう一杯ビールを頼もうかとも思ったが、うまいラーメンが出てくるので、ここはぐっと我慢した。

takidaisyowanta その後、出てきたねぎワンタンはねぎがたっぷり乗ったもので、肉たっぷりのもちっとしたワンタンがうまかった。

さてラーメンはビールがなくなるころに丁度出してくれた。でもその前に年越しそばの文字が見え、持ち帰りもりそばを注文した。そういえば前には見えなかった券売機が本日はあり、その中に「お持ち帰り容器150円」の文字が見える。この券ともりそばの券を出すと用意してくれるとのことだった。150円は高いように思えたが、渡された物を見て納得、つけ汁の入った容器はかなりしっかりしたものだった(これが150円なんだな)。

で、出てきたラーメンはいつもの魚介風味豊富なうまい一杯、ただ最初ねぎワンタンのねぎの辛味で味が薄く感じた。でもちょっとしたらいつもの味に戻る、うまいうまい、太麺もいつまで食べても無くならない様な気がするほど丼から出てくる。このラーメンのずっと食べている感はなんだかうれしい。と、言っても至福の時間は永遠ではなく、いつか終わりが来るもの。食べ終わって大変満足して店を出た。

さて明日は「男祭り」のあと、年越しもりそばを食べるぞ(お店の作り方を注意してつくろう)。

到着=17:58 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介の効いた醤油 お気に入り度=8

|

« 駄菓子屋 穴子拉麺(六本木) | トップページ | くるり(市ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/7923940

この記事へのトラックバック一覧です: 【移転】滝野川大勝軒(王子):

« 駄菓子屋 穴子拉麺(六本木) | トップページ | くるり(市ヶ谷) »