« 高はし(赤羽) | トップページ | 母なる 海と大地(田無) »

2005年12月 9日 (金)

香名屋(新宿)

12月9日(金) 晴れ

メニュー=黒豚ラーメン

kanayaramen以前昼に行ったことはあるが夜に行ったのは初めて、といってもこれで2回目だが。

店に入るといきなり階段、そこを降りるといきなりお店になっている、なんか洒落たバーのような店内、カウンターに座るとそれだけ場違いにラーメンの名前が書かれたメニュー表が置かれていた。

ラーメンは1種類のようなのでそれを注文、尚、店内は真っ暗なので写真は見えづらいと思う。

ラーメンはコクのある醤油で、日本そばの味のような感があるスープ、なんだかうまい。コシのある麺はたっぷりのスープに泳いで、好みの味だった。結局スープは飲み干してまい、丼の底にはブラックペッパーの粒が残るだけとなった。

でも前回食べたときはもっと日本そばの雰囲気があったような気がする。そういえばここでラーメンを食べたときに、「ラーメンとはどこからどこまでがラーメンなんだろう」と感じた記憶がある。

ほかにも一二三のような日本そばのような麺を使った店もあれば、小川町に以前あった「ラーメンバトルコロシアム」で食べた「雪彩クリームつけ麺」のようなホワイトソースのつけめんもあった。そしてカレーのラーメンはもう普通にあるし。

結局ラーメン店となっているところで、ラーメンとして出せばラーメンになってしまいそう。でもこれはこれでいいと思う、昔ならラーメンといえば醤油だったのが、味噌、塩、そして豚骨、今では鶏白湯も加わりラーメンのスープの幅はどんどん広くなり、ラーメン好きには新たな楽しみが増えていく。

次はどんなラーメンが生まれてくるのだろう。

到着=19:27 待ち時間=0分 行列=0人

麺==中太麺 スープ=コクの有る醤油、そばつゆのような感じあり お気に入り度=8

|

« 高はし(赤羽) | トップページ | 母なる 海と大地(田無) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/7543496

この記事へのトラックバック一覧です: 香名屋(新宿):

« 高はし(赤羽) | トップページ | 母なる 海と大地(田無) »