« 都(要町) | トップページ | 大勝(柏) »

2005年10月31日 (月)

中野大勝軒(高田馬場)

10月30日(日) 曇り

メニュー=つけそば並+玉子

babataisyoutukeいかんビール飲んで、その後ウィスキー飲みながらブログを書いていたらいつのまにか寝ていた。早く書かないと。

この店は最近出来た新店、中野大勝軒系とのとら会情報で行ってみた。券売機は無く直接注文、ただ料金は前払いというスタイル、こういうのはあまり経験は無く、横須賀中央の「支那そばや」であったくらいかな。

まだ開店したばかりのためか、オペレーションは混乱、注文間違えも結構あるようだった。前払いシステムも混乱に拍車をかけているように感じる。

さて、注文のつけそばは酸味と辛味が効いたつけ汁、ただ甘味は無く、コクというか旨みもちょっと薄く感じた。というわけで酸味のイメージが非常に強い。

F1000173 麺は角張っているが、コシがありつるつるしたもので結構好み、ただ量が少なかった。噛み応えのあるメンマが印象に残っている。

中野大勝軒はずっと以前、一度だけ行ったきりなのであまり味を覚えていない、こんな味だったかなー、そうかもなー、違ったかもなー。

そういえば横で食べている方のラーメン器の大きさに仰天した、でっかい器だったなー(なんか最後のほう「ー」が随分多いなー)。

帰りにバイクでこの店から駅方面に向うと、「純連」「二郎」は行列していた、高田馬場って、すげーなー。

到着=12:51 待ち時間=3分 行列=4人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=酸味の効いた醤油 お気に入り度=6

|

« 都(要町) | トップページ | 大勝(柏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/6799016

この記事へのトラックバック一覧です: 中野大勝軒(高田馬場):

» 東京の麺文化の金字塔!魔法麺が自慢の「大勝軒」 [目黒碑文谷日記]
中野にある「大勝軒」の支店が高田馬場にできたということで、訪問してきました。 この店は1951年の創業以来、変わらぬ人気で東京の「麺文化」を支えてきた名店という紹介が一番しっくりきます。 また、あの「東池袋大勝軒」のオヤジさんこと「山岸一雄」氏が「....... [続きを読む]

受信: 2006年3月21日 (火) 10時02分

« 都(要町) | トップページ | 大勝(柏) »