« 【閉店】豆の詩(渋谷) | トップページ | 近喜屋(川越) »

2005年10月25日 (火)

頑者(本川越)

10月24日(月) 晴れ

メニュー=つけめん

ganjyatuke この店のつけめんも最も好きなつけめんの内のひとつ、最近このもっとも好きなつけめんの店に立て続けに訪れている。後は「翔丸(西荻窪)」くらいだな、今度行こう。

いつも行列する店、今回も覚悟していたが16人待ちか、仕事の途中で来るにはつらい店だなー。

でもうまさは判っているのでおとなしく待つ、そして待つ、ひたすら待つ、41分待ちでやっと入店、早く、早く食べさせてクレー、という心の叫びはもちろん心の中だけで(表情は冷静なサラリーマンで)。

出てきたつけめんは安心の、そしてやっぱり感動のうまさ、また食べることが出来て、ほんとに良かった。今度来れるのはいつだろー?

やっぱり麺がうまい、極太麺はコシ、喉越し、申し分なし。太麺好きなら納得のうまさだと思う。そしてつけ汁も魚介の効いた濃厚スープ、味は強いが嫌味のある味わいではない。最後まで麺に負けない味わいで、するする完食してしまった。

結構緊張感のある店内、携帯で写真を撮って大丈夫かと思ったが、特に文句をいわれることも無かった。あー、良かった。

そういえば以前、辛つけめんを頂いたことがあるが、辛い中にもスープの旨みがあり、このメニューも納得のうまさだった。もっと来る機会があればラーメンなども試したいのだが、なかなか来れないので、久しぶりにくるとやっぱりつけめんにしてしまう。再訪希望(自分に)。

到着=11:37 待ち時間=41分 行列=16人

麺=極太麺 スープ=魚介の効いたコクのある醤油味 お気に入り度=10

|

« 【閉店】豆の詩(渋谷) | トップページ | 近喜屋(川越) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/6582414

この記事へのトラックバック一覧です: 頑者(本川越):

« 【閉店】豆の詩(渋谷) | トップページ | 近喜屋(川越) »