« 味の大王(新宿高島屋:催会場) | トップページ | うめや(金沢文庫) »

2005年9月14日 (水)

【閉店】めん組(銀座)

9月12日(月) 晴れ

メニュー=らあめん(塩)

menkumiramen この店は職場に近く、昔「桃園」という店があった場所、ただその頃には訪れたことが無い。

この店になってから2回ほど来ているが、醤油とつけめんを頂いている。

今回のらあめん(塩)は魚介の風味が濃い塩味、スープというよりその上に浮いている茶色い液体がこの魚介の味わいのようだ。

以前醤油を食べたときはもっと美味しく感じたが、塩になるとスープの旨みより、魚介の風味の液体が強すぎて、とてもわざとらしい印象になっている。

この魚介風味の液体の無い塩ラーメンが食べてみたいところだった。

到着=12:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=かつお節のとても効いた魚介塩 お気に入り度=5

|

« 味の大王(新宿高島屋:催会場) | トップページ | うめや(金沢文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/5936756

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】めん組(銀座):

« 味の大王(新宿高島屋:催会場) | トップページ | うめや(金沢文庫) »