« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月29日 (木)

なんくるないさ(新橋)

9月30日(木) 曇り

メニュー=沖縄らぁーめん(黒)

nankurukurora また来ましたこの店、結構早い時間のため先客1名だけだったが、一度来ているので不安は無い。

前回つけめんだったので今回はらぁーめんを注文、ガツンとくる味わいの魚介が効いた醤油、最初の一口でこのラーメンの魅力にぐぐっと引き寄せられた。香ばしい風味は魚の焦がし油との説明文、魚を焦がした油とはどういったものか?でもこれで風味が良くなってうまいのは間違いなし。

前回のつけめんと違い、ラーメンのほうが沖縄そばの雰囲気を感じるが、喉越しもよく、コクのある濃い味醤油が麺に良く絡んでうまい。

トッピングもこのラーメンによくあっている。九条ネギと刻みタマネギのざくざくしゃりしゃりした食感もスープと相まってうまい。あー、九条ネギ、増量しとけば良かった。チャーシューも噛み応えがあり、肉の旨み十分、本日も大満足の一杯だった。

さて次回は何を注文しよう、つけめんか、らぁーめんか、特製塩もある、どうするどうする。

到着=11:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺(太さ不均等) スープ=魚介の効いたコクの有る濃い味醤油、香ばしい風味 お気に入り度=9

| | コメント (1) | トラックバック (0)

胡心房(町田)

9月28日(水) 曇り

メニュー=黒虎つけ麺+玉子増し

kosinbotuke 以前、矢野口で虎心房という店名の頃は結局一度も訪れることは適わなかった。

町田へ移転したことで行きやすくなった、これで2度目、でも今日も昼時を大分外した時間での訪問、その割りに半分ほど席は埋まっている。

この店、厨房が整っているイメージがあり、厨房というよりキッチンと言ったほうがすんなりくる感じ、野菜盛りの器やパンやおにぎりを入れた器もおしゃれな感じがした。

さて黒虎のつけ麺、黒虎とは何ぞや?よく判らないが確かにつけ汁は結構黒い(写真ではそうは見えないが)。

このつけ汁、複雑な味わいで、酸味が効いているのだが、どういう味が判断がつかない。以前スパゲッティのソースで食べたことのあるバルサミコ酢が入っているような気がする。醤油味、とはいえない不思議な味、これは何味と言えばいいのだろう?わからない。

麺は平麺で食感はおもしろくて良い。本日このつけ麺がすごくうまいとは言えないのだが、・・・もしかするともう1,2度食べるとはまる味かもしれない。

到着=14:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=複雑な味わいの酸味が利いた濃厚スープ お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

風来房(フウライファン:町田)

9月28日(水) 曇り

メニュー=つけめん 塩味

furaifantuke 本日は職場から遠方で仕事、そうなると楽しみは普段いけない場所のラーメン店での一杯、最初の一杯は本丸亭を考えていた。

それなのに、本日小田急の電源ケーブル切断のため、相模大野-秦野間運転休止、このため訪問を断念、なんてこったい。

大回りをしてたどり着いたこの店は連食2店舗目として考えていた店、閉店間際にたどり着いたので大丈夫か心配だったが、問題なく入店。

この風来房のつけめんは以前醤油を食べたことがある、魚介の効いたつけ汁でうまかった。なので今回はつけめん塩をチョイスした。このメニュー、器のためか盛り付けの見た目がすばらしい。なんか綺麗だなー。

さてつけめんは個性的な味わいで、確かに塩味なのだがナンプラーと思われる調味料の味も強く感じる。あまり太くない麺だがコシがあり喉越しもいい。ライムを搾って麺に掛け、つけ汁に入れて食べるのもさっぱりしてうまい。

どちらかといえば醤油のほうをもう一度食べてみたいが、今回の一杯も満足できるものだった。

到着=13:54(2時閉店間際) 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクの有るの塩、ナンプラーの香りと味わい お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

【閉店】有明(九段下)

9月27日(火) 曇り

メニュー=地鶏水炊きらーめん(洗い飯付き)+地鶏玉子

ariakeramen 以前木場にある本店には行ったことがある。鶏料理専門店のらーめんとはこれほどうまいものか、と感動した記憶がある。

今回この店はとら会の情報を元に訪問、昨日オープンしたばかりのようで、斑鳩から歩いてすぐのところだった。

ただ、本日行く予定ではなく、突然の外出にあわせての訪問のため、この前に結構ラーメン+ライスを頂いている、美味しく食べれるか?

不安な中、食べたらーめんは鶏の出汁が効いたスープ、「塩味の鶏白湯」というものだが、確かにうまい、うまいのだが、ただ木場で食べたときほどの感動は無かった(腹いっぱい、しかも前に辛いラーメンで美味しさ半減かもしれない)。

木場で食べたときはこれが鶏料理店のラーメンなのか!!という驚きが合ったのだが、今回はラーメンとしてうまい、言う感じ、スープもちょっと雑な味わいを感じた。でも前回の記憶も随分前だし、今日はこの前に坦々麺食ってるしなー。細麺の食感もそれほど良くは無かった。オープンしたばかりのため、この辺はそのうち改善されるのではないだろうか。

因みに玉子は別皿で提供される、皮をむくと、とろとろの半熟玉子だった。かじると黄身がトロッとタレてくるので注意が必要、皿に塩があるのだが玉子は皮を剥いたらスープに入れたほうが良いと思う。スープを黄身と混ぜながら飲むとうまかった。

さて最初に提供された洗い飯(写真左)、関西に笑い飯という漫才師がいるなー、と頭に浮かんだが、意味は無い。スープに投入して、ポン酢少し入れて頂いた。鶏出汁の効いた雑炊になって結構うまい(でもポン酢を入れすぎた)。

本日昼は排骨坦々麺にライス2杯、ラーメンに玉子に雑炊、いくらなんでも腹いっぱいだ。

到着=13:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=鶏出汁の効いた塩味 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (2)

はしご(銀座)

9月27日(火) 曇り

メニュー=排骨坦々麺大辛+サービスライス

hasigoramen  職場が銀座、やはりランチの問題となると近場を第一候補として考えてしまう。銀座有楽町近辺にはラーメン店は多いが、強烈に引き付けけられる店は少ない(でも会社の知り合いには共楽が世界一うまいという人もいる)。

そんな中、年に数回どうしても行きたくなるのが「中本(有楽町)」とこの店、と言っても久しぶりにきた。

時間が早いので行列は少ないが、食べ終わる頃には10人程度並んでいた人気店、坦々麺らしく胡麻の効いたコクのあるスープ、大辛のため辛味も強いが、でも、それでも十分感じられる旨みがある。

細い麺もこのスープに良く絡む。うまいよなー。

排骨は無くともうまいが、なぜかこの店に来ると排骨坦々麺大辛を頼んでしまう。まあもちろんこれが一番うまいからだが。

ライスはサービス、この写真のライスにはこれもサービスのタクワンの千切りが乗っている。これをきた人は常識のように乗せている。ちなみにこのライスはお代わりができる、今回お代わりしたライスにスープをかけて食べた、当然これもでもうまい。

そういえば以前スープを飲んでいるとゆずの風味が香ってきたが、今回は無かった。スープを殆ど飲み干したが、ゆずの欠片も無い、入れ忘れか?それとも今はこういう味なのか?

到着=11:48 待ち時間=2分 行列=3人

麺=細麺 スープ=胡麻と辛味の効いたスープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

【駅前移転】たけちゃんにぼしらーめん(調布:遠い)

9月25日(日) 曇り(強風)

メニュー=ラーメン+味玉+にぼし飯小

taketyanramen 本当は最初に行った「ぐうたら」の後は「辛さの極地吾郎(学芸大学)」に行こうと思っていたのだが、バイクで走っている途中で見かけたこの店にどうしても行きたくなった。

この店、有名店だが実は一度しか行ったことがない(バイクで行っても遠いから・・・)。と、いっても代々木店には何度か通っている。この店に最初に行ったときに食べたのはつけめん、それも結構美味しかったが、どちらがうまいかというとやっぱり今回食べたラーメンのほうがうまい。

名前に違わず煮干の風味の効いた醤油スープ、ただ最近馬鹿みたいに煮干の効いたラーメン(伊藤など)もあるので驚くほどでは無い。ただこのスープは魚介好きにはたまらないうまさだろう。

麺はあまり太くは無いがコシがある。ちょっと湯切りが甘いのか、食感がそれほど良くはないが、麺自体はスープに良く絡んでうまい。

本当は平麺にしたかったが、最初の店(「ぐうたら」)とかぶるのでやめた。

普段、休日にラーメン連食を狙う場合は、その他のメニュー(ご飯や餃子)は狙わないのが「にぼし飯」、この魅惑的なネーミングのご飯は頼まずにいられなかった。このご飯、それほど味が強いわけではないが、噛み締めるとじんわりんぼしの旨みが口の中に広がってくる。そしてそこにラーメンのスープを流し込むと、!!これはうまい。

また行きたくなると思うが、でも遠いので代々木に行くかも(めじろの連食も狙えるし)。

到着=13:02 待ち時間=16分 行列=14人(着席時4人席調整で飛ばし)

麺=中太麺 スープ=にぼしの効いた醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐうたら(武蔵境:遠い)

9月25日(日) 曇り(強風)

メニュー=本気正油味玉のっけ

gutararamen どのラーメン屋に行くかはいろいろな情報(ラーメン本やHP、ブログ)を元に行くのだが、とりあえず見るのが、自分が乗せているココログの「ココログナビ」のココフラッシュ(ラーメン) の一覧。

今回行った店は「it's my LIFE」Takayuki.Kさんのブログを見て訪問した。

今回は甲州街道から武蔵境通りに入り、東八道路に入っていった。武蔵境通りに入ったとき気づいたが、あれ、この道はいつかきた道、ああ、そうだ、たけちゃんにぼしらーめんに行くときに通った道だ。たけにぼの前を通るとスロープに行列ができていた。

さてこのラーメン、スープの味は日本そばのような雰囲気、あっさりした醤油で本当に日本そばをいれれば、普通に食べれそうな感じがした。見た目もチャーシューを除けば日本そばでいけそう。これはこれでおもしろい。

麺は平たく、食感は楽しい、喉越しはそれほど良くはないが、口の中での感触は良い。

券売機の一番上がとんこつのため、もしかするこちらがこちらがメインかも知れないが、今回食べたラーメンもおもしろい一杯だった。でも卓上にある天かすはこのラーメンには合うと思うが、とんこつにはどうだろう?そういえば紅生姜もあったのではとんこつはこちらをどうぞ、ということかな。

到着=12:40 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太平麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

紫匠乃(むらさきたくみの:森下)

9月24日(土) 雨

メニュー=紫つけ麺中盛り

murasakituke 先日環七をバイクで走っていて、亀有の近くに紫匠乃の看板を見た。確か森下で見た店と同じように思えたのだが、では森下の店はまだあるのか?気になっていたら、今回近くで仕事があったので森下に行ってみた。

あったあった、まだありました。というわけで 紫つけ麺中盛りを券売機で購入した。

以前来たときは3,4分で出てきたのだが今回は10分以上待った。そういえばこの店は麺の茹で置きをしているという掲示文を何かで見たことがある。前回はそうだったとしても、今回は注文から茹でていたのは間違いない。行った時間も遅かったからかもしれないが。

この麺、コシがあり喉越しも良い太麺でうまい。つけ汁はちょっと甘い、中に白菜が入っているが、その甘味だけとは思えない。ただ、甘味は確かに気になるが、コクがあり、辛味も効いて麺によくあっている。

あれ、そういえば以前チャーシューは別皿で出てきていたのだが、やめてしまったようだ。ただ炙ったチャーシューは結構いける。

スープ割りは小ぶりの器で提供されるが、スープ割りするには多いので、半分くらいはそのまま飲んだ、お、これでも結構旨みを感じる。

さて、今度はこの前に見た亀有店に行ってみないと。

到着=14:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある甘めの醤油味 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【移転閉店】勢得(町屋)

9月23日(金)祝日 曇り

メニュー=ラーメン

seitokuramwn ラーメン食べ歩きの楽しみは、未食店で新しい味を味わい、その中で自分の好みに合った味を見つけること。そして自分の好みに合った一杯をまた食べに行くことだと思う。

さて町屋の勢得、このラーメンは自分の好みにがっちり合った一杯、以前はつけめんばかり食べていたが、最近ラーメンのうまさを知り、それからはつけめんを注文していない。今回もうまかったなー。

相変わらず行列している店先、むむ、前には8人づれの家族客、これは長期戦になる、と思い、小説を読んでいたが、ただその家族づれのために席につくのが遅くなった、ということは無かった。そういえばこの店は4人掛けののテーブルが2席あるのだった。

今回の注文はラーメン、魚介の効いたスープでちょっと粘度もあり麺に良く絡む。コシのある太麺と魚介の効いたスープを口の中で噛み、飲み、味わう、うん、うまい。鼻に抜けるスープの香りが心地いい。でもこの写真、携帯電話の写真だがちょっとぶれすぎだなー。本物は見た目からしてもっとうまそうなのだが・・・。

チャーシューも肉の旨みを感じるもの、またメンマも甘味があるが、嫌味なものではなくうまい。

スープを結局飲み干したのだが、最後に魚介のかけらが丼の底に溜まっている。噛み応えのあるものはスルメのようで、噛み締めるとスルメの味がまだ出てくる。これも旨みになっているのか。いや満足満点の一杯だった。

そういえばラーメンが出てきて食べている最初のほうで、前述の家族連れは食べ終わって出て行った。子供が3人もいてなぜあんなに食べ終わるのが早かったのだろう? あまりゆっくり食べるのも迷惑になるとは思うが、急いで食べる必要も無いのではないだろうか。ラーメンは自分のペースで食べるのが一番うまいと思う。

到着=12:55 待ち時間=32分 行列=22人

麺=太麺 スープ=魚介だしの効いた醤油味 お気に入り度=10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

なんくるないさ(新橋)

9月21日(水) 曇

メニュー=沖縄つけめん(白)+味玉

nannkutusirotuke とら会などで見ていたので、うまいんだろうなー、とは思っていたが、これほど美味しいと思うとは思わなかった。

見た感じは普通の沖縄料理の店、通常の料理も美味しそうだ。ただ、こういったつけめんが出てくるとは思えない感じがした。

醤油の濃厚なつけ汁、魚介と動物系の旨みが濃縮された感じ、刻みタマネギとあられの食感も良かった。沖縄そば、という印象とはまったく違う。

沖縄そばの麺は他で食べたときの印象が強く、その印象とは喉越しが悪く、ぱさぱさした感じ、でもこの店は全然違う。コシがあり、喉越しもいい、馬賊(日暮里)ほどではないが太さは不均等だが、その食感の違いも面白い。

チャーシュー、味玉、これもうまい。多分近日中にまた行くだろう。いや、間違いなく。つけめん、ラーメンの黒、白、そして張り紙にあった特製塩ラーメンもターゲット。

F1000112 営業時間は平日は11:00~14:00、日曜日は12:00~18:00で土、祝日休みとのこと、サラリーマンの街ということを考えると土、祝日休みは判るとして、なぜ日曜日営業しているのだろう?汐留エリアやゆりかもめ利用の客層を狙っているのだろうか?

到着=12:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺(太さ不均等) スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=8

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年9月20日 (火)

服部(水道橋)

9月20日(火) 雨

メニュー=じゅーしーつけめん

hattorituke この不思議な味わいを食べ終わったあとにずっと何なのか考えていた。バイクで走っている間、考えていたがふっと思いついた。そうだ、自宅でスパゲッティを作ったときの後味だ。

つまりオリーブオイルに刻みニンニクと唐辛子をを入れ、火を掛け、トマトを入れたソース、その後味に似ている。

今回食べたとき、香ばしいかおりの醤油かなと思った、ただなんだか味が良くわからず、非常に不思議な印象をもった。と、いっても味は十分うまい。

食後スープ割をしたスープを飲むと魚介の風味が効いたうまいスープが出てきた。どちらを食べたいかと言うとラーメンのほうを食べたいが、この不思議な味わいのつけめんも、食べると面白い。

ちなみに和風つけめんというメニューもある、これはどんな味わいだろう?

到着=16:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=香ばしい風味の醤油味 お気に入り度=7

| | コメント (1) | トラックバック (1)

【閉店】凛(大崎)

9月20日(火) 曇り

メニュー=マカシオM

rinsioramen この店は何度か来ているが、今まで醤油しか食べたことが無かったので、今回塩を注文しようと思っていた。

マカシオとは賄い塩という意味で、以前は普通のラーメンと賄いラーメンというメニューがあったが、今は賄いラーメンだけになったようだ。

以前食べた賄い醤油と比べると、いやこちらのほうが大分好み、最初、うずたかく盛り上がった麺の上のほうを食べると、味が薄い。まあそりゃそうだ、麺がスープに浸かっていない。だから下から発掘するように麺を取り出して食べる、うまい、確かに濃い味で洗練されているとは言えない味だが、意外とマイルドな味わいが麺に絡み付いてくる。

麺は太く、ちょっとぬめっとした感じがあるが、それもまた食感となって良い。多分またきても塩を頼むと思う。ただカレーと言うメニューも魅力的、日曜休みとなると機会が限られるが、今度来たときには塩、いやカレーか?でも次来るのは何時だろう?

それにしても、大音量のハードロックにはまいった、耳が痛くなる。

到着=12:03 待ち時間=29分 行列=7人

麺=太麺 スープ=コクの有る、背脂たっぷりの塩味 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

八雲(池尻大橋)

9月19日(月)祝日 晴れ

メニュー=つけそば(黒だし)特製ワンタン付き+味玉

yakumotukeワンタン付きというのはつけ汁に入っているのかと思ったが、そうか別皿で出てくるのか。

このつけめんいろいろな食べ方が楽しめる。まずは普通に食べる、あっさり、といっても味はしっかりした醤油でうまい。

この麺皿にはレモンとゆずコショウがついており、次はこれを使って食べる。レモンやゆずコショウはスープに混ぜると、味が変わるし、量によっては効果が判らなくなるので、麺自体に使う。

まずレモンを麺に掛け、つけ汁に半分ほど麺をつけて頂く、さっぱりした酸味が口の中に広がる。

ゆずコショウも同様に食す。こちらはつけすぎると辛いのだが、ゆずの風味と、こしょうの辛さが効いてまた違う味わい。

また、ワンタンのスープに麺を入れて食べても意外とうまい。ただし、それほど味が強いわけだ無いので、レンゲで麺と一緒にスープを口に入れるほうが良い。

麺が普通盛りだったのであまり長くは楽しめなかったが、満足の一杯だった。 

到着=14:13 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油味 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

梅の家(西新宿)

9月19日(月)祝日 晴れ

メニュー=チャーシューメン

umenoyaramen最近できた竹岡式ラーメンの新店、とらさん会議室の情報からすると、西武球場近くの「梅乃家」の支店らしい。でもその店はまだ行ったことが無いが、もう一つの支店高輪台 には行ったことがある。

今回はラーメンを頼もうと思っていたが、玉子はチャーシューメンにしかついていない(バラでトッピングは無いらしい)のでチャーシューメンにした。

他に何度か行ったことのある竹岡式の店からすると、結構甘い、でも濃い味のスープは竹岡式と言われれば納得する。

麺は乾麺ではないが、細いがコシのあるちぢれ麺、スープを良く持ち上げる。

今は開店記念でラーメン300円、チャーシューメン500円は結構お得、でもこのチャーシュー脂身もあって、全部食べたがちょっとつらかった。

到着=13:15 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=濃い味醤油、甘味あり お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【移転】大勝軒(王子)

9月18日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン

daisyorakiramen 本日最後のラーメンは大勝軒 滝野川店、この店は何度か来ているが、いままでつけめんしか食べたことが無かった。

最近、大勝軒系でラーメンを食べる機会が多くなり、今回この店でもラーメンを注文してみた。

う、うまい、大勝軒のラーメンはこんなにうまいものだったのか。非常に豊かな魚介の風味が鼻腔を通り抜ける。コクもあり、大量の麺なのに最後まで飽きることが無かった。

麺はいつものつるつるしこしこした太麺、これは好みにばっちりはまった味わいのため何も問題も無い。

いやー、うまかった、また食べに来よう。そういえば東池袋の大勝軒でもまだラーメンを食べていない、行ってみないと。

到着=21:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介の効いた醤油 お気に入り度=10

F1000105  ラーメンとは関係ないが、この店に行く前にノア(プロレス)の武道館大会に行ってきた。それで思ったことは「プロレスってこれほどおもしろいものだったのか」ということ、特にそれほど期待もせず、暇でチケットが取れたので行っただけだったのだが。

全ての試合にドラマがあり、また、ノアファンのみんなで試合を盛り上げよう、という雰囲気がすばらしかった。いろんな掛け声(「マーイティー」など)を全員そろって行えるのは、ノアを愛している証なのでは無いだろうか。

試合は百田、永源の爆笑プロレス、2人のムシキングの華麗な技(スコーピオの重量級ぽいのに鋭い技の冴えも良かった)、意外と感動したモハメドヨネの頑張り、SUWAの悪童ぶりとジョー樋口の怒り、そして田上火山の大噴火、最終試合の力皇の三沢超えも燃えたなー。

また機会があれば行ってみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

南(南阿佐ヶ谷?:遠い)

9月18日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン+たまご

minamiramenえー、味はまあまあ良かったです。マイルドな豚骨、味噌のような感じにも思えます。麺は短いのですが、たっぷりのもやしと葱で食べると結構美味しい。

でもラーメンの味より強烈な体験をしました。

この店の方、愛想が無いです。店に入っても「いらっしゃいませの」の一言もありません。でもまあ良いかと思ってました。

私のほかに先客1名、ビールを飲みながら、新聞を読み、足を組む、まああんまりお行儀はよくありません。

その後2名来店、二人目の方がつけめんを頼み、その麺が茹で上がり、麺を水で締めているときに、先客がお勘定、

先客「1,200円で良いの」、

「・・・はい」、

その後、麺をしばらく麺を締める、

先客「1,200円でいいの!!」、

「はい」、

「はいじゃなくこれでいいのか聞いてんだろ!!」、

先客怒りながら出口に向かう、

「ありがとうございましたーーー!!!」

店員の怒りを含んだ声、先客怒りながら振り返り、しかし、そのまま退場、

「ありがとー!!ございましたーーーー!!!」

追い討ちを掛けるべく、店員、怒りの声掛け。なんだこりゃー。

その後店員ぶつぶつ言い出し「塩まか・・・」「・・・たく」「・・塩まかないと」、奥に引っ込んだ後、店の前に塩撒きだしました。袋に半分入っていた塩、全部撒きました。コワー。

残った客には「お騒がせしました」と言っていましたが、私が店を出て、バイクに乗ろうとしたら、また塩撒いてました。今度は1袋いったでしょう。店の前の道路、真っ白です。

この店、駅から遠いですし、店の前の道路は狭く、車を止めるのも難しいと思います。こういう店は地元に受け入れられないと、難しいと思いますが、愛想がなく、客にちょっと怒られるとキレる店員、大丈夫なんでしょうか?

今回の件で客を怒らせないためには「少々おまちください」、この一言でよかったと思うんだけどなー。

到着=13:47 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=マイルドな味噌のような豚骨醤油 お気に入り度=2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いち(東武練馬)

9月18日(日) 晴れ

メニュー=醤油つけめん

itituke本日もバイクに乗ってラーメン店へ。

最初の店は2回目の訪店となる「いち」、今回は前回印象に残っていたつけめんを注文した。

前回印象に残っていたのは隣の人のつけめんで、魚粉がかなりの量、スープに浮いていた。

今回出てきたものはあまり魚粉が乗っていない。メニューを後で見て気づいたが、「好きな人は魚粉の量を注文できる」というようなことが書いてあった、あーあ。

でもくせの少ないスープで魚介も効いておりおいしい。ちょっと油の量が気になったが、ただべたついて味を壊すほどではなかった。

麺は太く、もっちりした感じ。ただ水を切りすぎており、麺が塊になってしまい、うまくほぐれない。麺自体はうまいのでもったいない。

大勝軒でよくつけめんを注文して、水切が十分でなく麺の丼に水がたまっていることがある。でもこれによって麺のほぐれが良くなり、また乾燥も防いでいると思う。つけ汁が濃い目の場合はこれでも良いのではないだろうか。

まあ、昔は水切りが甘い!!と思っていたのだが。

この店は大勝軒ほど味が強くは無いが、でももう少し水気があっても、最後まで美味しく食べれると思う。

到着=12:42 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介の効いた醤油、油ちょっと多い お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

ヨドバシカメラAkiba8Fレストラン街

9月17日(土) 晴れ 16:00

話題のヨドバシカメラAkiba(秋葉原)に行ってみた。といってもラーメンを食べたわけではない、のぞいてみただけ。仕事の都合で近くを通りがかったので寄ってみたという感じ。さすがにオープン後最初の土曜日、通路に人があふれていた。

ただ、レストラン街はこの時間のためか、歩くのが困難なほどではなかった。

akibatyabuya

ちなみにこれは ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺 CHABUTON この時間の割りに結構長く並んでいる。ちゃんと数えていないが10人程度は並んでいた。ちゃぶ屋の豚骨か、今度食べに行かなきゃ。

akibakomen こちらは本格中華麺店 光麺行列は2名、その他刀削麺荘万豚記(ワンツーチー)があったがこちらは行列無し、ただ店内の席は結構埋まっている。4時だし、他の店でがらがらなところも結構あったので昼時は行列していることだろう。

今回は見ただけだが、次は食べに行かないと。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

希亭(のぞみてい:吉祥寺)

9月17日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺10辛中盛り+半熟味玉

nozomituke天気は良いが、日陰に入ると大分涼しくなってきた。

そうはいってもはちょっと歩いたし、汗もかき気味なのでつけ麺にしようと決意してからお店に入った。

そんなことを思っていたのに、10辛、30辛という文字を見ると注文してしまう、この後また歩くのに・・・。

店内はラーメン屋っぽくない雰囲気、パスタ店のような印象を持った。

注文は中本の冷やし味噌ラーメンを想像してしまったので、辛さのランクを一つ控えめにして10辛のつけ麺にした。辛すぎて味がわからないと困るので、と思ったがそんなに辛くない。30辛にしとけば良かった。でも味噌の味がとてもおいしいつけ汁、30辛でも十分おいしく頂けそうだ。

麺は並盛り300g、中盛り500g、大盛り700g、山盛り1Kg、山盛りってすごい呼び方、でも1Kgなら確かに山盛りって感じだろう。この麺、好みとしてはもっとつるつるした麺が好きなのだが、味自体が良い。麦の味というか、香りも良かった。

今回中盛りを注文したが、それでも相当な量だった。つけ汁の量はあまり多くなく、粘度も高いために相当絡む。このため4分の1くらい残している時点で、つけ汁が無くなってしまった。まだ麺はおなかの具合から行っても食べられそうだったが残した(でもさすがに食べきるギリギリという感じ)。後で精算のときにつけ汁追加ができるのかを確認したら「できる」とのこと、しまった。

でも美味しく食べるなら自分には並で食べるほうが良いと思う。決定、次の注文は「つけ麺30辛並盛り+半熟味玉」。

到着=12:36 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=辛味の効いた味噌味 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

【閉店】康・雅・賢(神保町・小川町)

9月14日(水) 晴れ

メニュー=塩らーめん+味玉(ランチタイムサービス)

kougakenramen 本日2軒目も最近できた店、お、この場所は以前来たことがある。以前「麺心」 という店だったときだ。

入り口のドアに牛骨の切抜きがあり、がんこ系という雰囲気をかもし出している。そういえば中にも牛骨がぶら下がっていた。カウンター席の上には系統図が掛かっていたが、目が悪いので内容は見えなかった。たぶんがんこの系統図だろう。

写真の通り具材は別皿に盛られている。なんだかエビがうまかった。

さてスープはがんこらしくしょっぱめ、焦がしねぎの風味が効いている。2軒目のためか、普段がんこのしょっぱスープは好きなのだが、ちょっとしょっぱすぎる気がした。でも普段これくらいのスープは平気なのに・・・、2軒目だから??

麺は結構コシがある。表面がつるっとしているためか、麺を持ち上げ、熱いので息を吹きかけて麺をすすると、あれ、もう汁気が無い。でもしょっぱさは十分あった。

よし、次来る時は「塩つけめん」だな。

到着=12:23 待ち時間=2分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=塩分高い塩味、焦がしネギの風味 お気に入り度=6

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ふみや(水道橋)

9月14日(水) 晴れ

メニュー=醤油らーめん+味玉

fumiyaramen本日は休日だったので、またバイクでラーメン店にGO。いやそれにしても暑い、曇らないかなー。

一軒目は ふみや 最近できた新店で、らーめん寺子屋で修行されたようだ。

らーめんに味玉追加で注文、おや、出てきたラーメンに切れた玉子が3個、しまった、またやってしまったか(デフォトッピング玉子確認忘れ)、と思ったがちょっと違う。デフォ玉子は味付でない半熟玉子のため、味玉追加で良かったようだ。でもこれなら味玉100円ではなく、味玉追加したらデフォ玉子無しで50円などにできないだろうか?

ラーメンはあっさりしたスープ、ただ薄味というわけでなく旨みはしっかり感じる。中細ちぢれ麺も適度な噛み応え、ちぢれた麺がスープを良く持ち上げる。

周りにいた年配のおじさんは「こういう昔ながらのラーメンは少なくなったねー」と絶賛気味。地域に根ざした店になっていくのではないだろうか。

到着=11:56 待ち時間=0分 行列=0人(満席)食後行列5人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=6

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年9月14日 (水)

うめや(金沢文庫)

9月13日(火) 晴れ

メニュー=味玉そば

umeyatamen 暑い、なんて暑いんだ、もう9月も半ばだぞ!!と、怒りながら金沢文庫からしばらく歩く。できるだけ日陰を縫うように歩きながら・・・。

小さい店だが結構客がくるようで、座っていると客が来て、席の空きが無いので 帰る、という光景が何度か見られた。この辺の人はあまり並ぶということをしないのかな?もしくは今日は暑すぎたからかもしれない。

ラーメンのスープ、これはうまい(ちなみにこの写真はちょっと箸をつけてしまっている)。魚介の効いたとあるが、それほど魚介の風味が強いわけではない。ただ、魚介と豚骨のバランスがよく、それぞれの旨みが味わうことができ、うまい。帰りの道のことを考えると、あまり熱いスープを飲むのはまずいと思ったが、でもほとんど飲み干してしまった。

ただ、麺が自分の好みと違い、それは残念。ちょっと粉っぽい感じで、豚骨ラーメンによくある麺が、太くなったように感じた。自分の好みが大勝軒のようなつるつるしこしこの麺が好きなので、これはしょうがない。まあ好みの問題だし・・・。

でもこのスープはもう一度飲んでみたいと思える味わいだった。

到着=12:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=バランスよく魚介の効いた豚骨 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】めん組(銀座)

9月12日(月) 晴れ

メニュー=らあめん(塩)

menkumiramen この店は職場に近く、昔「桃園」という店があった場所、ただその頃には訪れたことが無い。

この店になってから2回ほど来ているが、醤油とつけめんを頂いている。

今回のらあめん(塩)は魚介の風味が濃い塩味、スープというよりその上に浮いている茶色い液体がこの魚介の味わいのようだ。

以前醤油を食べたときはもっと美味しく感じたが、塩になるとスープの旨みより、魚介の風味の液体が強すぎて、とてもわざとらしい印象になっている。

この魚介風味の液体の無い塩ラーメンが食べてみたいところだった。

到着=12:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=かつお節のとても効いた魚介塩 お気に入り度=5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

味の大王(新宿高島屋:催会場)

9月11日(日) 曇り

メニュー=あじと味玉らーめん

ajidaioramen本日1軒目のあじと(三軒茶屋)の後、いち(東武練馬)に行こうと思ったが、魚介スープがかぶりそうだったのでやめてしまった。次の機会に行こう。

そういえば新宿タカシマヤでカレーのイベントでカレーラーメンをやっている、という情報を思い出した。

タカシマヤの催会場ってどこ?案内図を結構覗き込んでやっとわかった。

10Fの催会場につくとカレー関連の店が結構ある。ただ日曜日の割には客は少ない印象、ただしスープカレーの店や、イートインでカレーメニューを食べさせるところには結構な行列ができていた。

ただ今回行った味の大王には行列は無し、というか先客5組くらいで、食べ終わる頃には3組しかいなかった。

カレーのラーメンというのはあまりなじみが無く、2の足を踏むのではないだろうか。でもこのカレーラーメン結構うまい。

スパイスは効いているがそれほど辛いわけではない。むしろスープを飲んだ後の甘味が印象的だった。カレーに甘味、でもこれはいままで飲んだカレースープに無かった味わい、結構いける。

さすがに飲み干すまではいかなかったが、スープを3分の1くらいは飲んだ。

客が少ないためか、接客人数が少なく対応が後手後手に回っていたのは頂け無いが、たまに食べるならおもしろい味わいだった。

ちなみにイベントは月曜日までなので、これを書いている時点では既に終わっている。

到着=12:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=カレースープ、甘味有り 評価=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】あじと(三軒茶屋)

9月11日(日) 曇り

メニュー=あじと味玉らーめん

agitoramen 店名は「あじと」、「AGITO」とも書かれている。これって「あぎと」では?まあそんな揚げ足はいいとしてらーめんは魚介がきいてうまい。

最近よく食べる機会のある魚介スープのタイプだが、くせの無い味わいは飲みやすい。節が結構効いている感じだった。

麺もコシがあり、つるつるした食感、これもこのスープにはあっている。

チャーシューも噛み応えがあり肉の旨みを感じる、玉子も半熟とろーり、いいね。

ただ、結構食べたことのある系統のスープのため、ものすごい感動というのは少ない。でも地元にあったらしょっちゅう食べに行くだろう店、でも客は日曜日の割りには少なかった(前客1組、後客2組)。 

到着=12:08 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=魚介の効いた醤油 評価=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

TETSU(千駄木)

9月10日(土) 曇り

メニュー=つけ麺+温泉たまご

tetsutuke 本日2軒目は西日暮里のTETSUに訪れた。今日最初に行った夢庵からバイクだと15分程度の距離、事前に知ってはいたが、神名備(千駄木)の道路をはさんで反対、確かに通ったことのある道だった。

ここも最近できたようで、一生懸命の接客が印象的だった。

さてつけめんは、酸味の効いた醤油スープで、麺もコシがある。この店はやすべえ(高田馬場)のような味わいだった。でも辛つけ麺はなかったので、関連は無いのかな?

やすべえは好きなのだが、辛つけ麺が好きで、他のメニューは甘味の強いスープが好みではない。ただ、この店の甘味は特に強くはない。

最後にスープ割をお願いすると、まずつけ汁にスープを継ぎ足してくれる。その後、皿の上にレンゲを乗せ、その上に焼いた石を置いて提供される。

スープがぬるい場合はこの石を入れるわけだが、スープは適度に温かく必要なく思えた。ただおもしろかったのでスープに石を入れるとじゅー、という音がし、温度があがる。ただ、沸騰するほど石は焼け切っていないようだった。

到着=12:46 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=酸味の有る濃い味の醤油 評価=6

| | コメント (2) | トラックバック (1)

夢庵(神楽坂)

9月10日(土) 曇り

メニュー=つけ麺+温泉たまご

muantuke

さて本日もバイクでラーメン探訪、今日はおいしいラーメンに出会えるか。

最初に訪れたのは、神楽坂の夢庵、最近できた店のようだ。

この店では最初はラーメンを食べようと思っていたのだが、店の前に大きく「つけめん」と書いてあったのでつけめんにしてみた。

コクがあり、結構濃い目の醤油味、ピロピロの中太平ちぢれ麺に絡んでうまい。

おや、でもどこかで食べたような味わい、これは満来(新宿)に似た雰囲気を感じる。そういえば霜降りチャーシューという表示があり、カウンターの上に大きな豚肉の塊が置かれていた。関連店だろうか?

特製というメニューもあったので、これは満来のようなトンデモチャーシュー麺(チャーシューの量が異常)だったかもしれない。

もしそうなら、メニューに写真でもあればたぶん注文していたと思う。普通のつけめんのチャーシューも噛み応えがあり、肉の旨みを感じるうまいものだった。

どちらかというと満来よりこちらの店のほうがスープの味にいやみが無く、麺もコシがあって好みだった。

到着=12:03 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平ちぢれ麺 スープ=濃い味の醤油 評価=7

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年9月10日 (土)

魚だし亭(錦糸町)

9月9日(金) 雨

メニュー=漁だしらーめん

uodasiramen今日も錦糸町付近で仕事終了、一杯飲んでラーメン店を探した。

この店は以前つけめんを食べたことがある。麺が結構固くて好みに合わなかった。でもラーメンなら麺の固さももっと柔らかくなるのでは、と思いラーメンを注文した。

ただ、今回も麺が固めで好みに合わない。

スープは「漁だし」というのは魚介だしだと思ったが、魚介の味わいは少なめ、ただコクのある濃い味のスープはうまいと思えた。

チャーシューは炙って提供されるが、かなりの歯応えで食べにくかった。チャーシューは残念なが半分位残してしまった。

スープだけならまた行きたいと思えるほどなので、麺がもうちょっと何とかならないだろうか。でもこれは好みの問題なので、こういった麺が好きな人もいるだろう。そうなると、麺が変わることも無いかなー。

到着=22:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=濃い味の魚介スープ 評価=5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潤(蒲田)

9月8日(木) 晴れ

メニュー=つけめん大盛り

jyuntuke 以前池袋の東部デパートに出店していた店が蒲田にオープン、今回蒲田にオープンして二度目の訪店。前回と同じつけめんを注文した。

なぜ前回と同じかというと、ここの極太麺が気に入りまた食べたくなったから。コシのある麺が今回もうまい。

コクのある濃い味醤油のつけ汁も個性的な麺に負けていない味わい、ゆずの香りも良い。

こういうつけめんを食べると、心底、麺を「食べたな」という気持ちになる。

結構つけめんは好きで、一番好きなのは高はし(赤羽)なのだが、他にも頑者(本川越)、翔丸(西荻窪)、稲荷(経堂)、べんてん(高田馬場)、一六(要町)なども気に入っている店。この中で翔丸と稲荷も麺がうまい。

翔丸はうどんのような太い麺で喉越しがいい。稲荷はちょっとつやっぽい感じが気持ちよく、口の中の感触がとても良い。

また、おいしいつけめんに出会いたい。

到着=12:31 待ち時間=9分 行列=5人

麺=極太麺 スープ=酸味が効いたコクのある濃い味醤油 評価=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

馬賊(日暮里)

9月6日(火) 雨

メニュー=馬賊つけ麺大盛

bazoku ズドーン、ズドーン、注文するとものすごい音が聞こえてくる、店の前からも見えるが、手打ちで麺を叩きつけながら伸ばしている音、強烈です。

神経質な人なら、このうるささでイラッとくるでしょう。

ちなみに普通のつけめんもありますが、この店ではこの馬賊つけめんと、韓国風つけめんしか食べたことがありません。この韓国風つけめんは辛いだけで、旨みが感じられずあまりおすすめできません。

今回の馬賊つけめんは結構気に入っていますが、1,100円、高いなー。

手打ちで打った麺はコシがあり、喉越しつるつるでうまい。ただし太さは不均等で、すごく薄く細いのもあれば、池波正太郎の鬼平犯科帳に出てきた「一本饂飩」とはこれくらいではないかというほどの太さも有り、神経質な人は怒るでしょう。

*「一本饂飩」はそれどころではない太さのようです。

麺は水に浮いてます、水切りがどうというのは関係ありません。皿に水があり、その中に麺がある、さすがに大盛りにすると最後のほうつけ汁がそうとう薄まるのは当然ですね。

酸味の効いたつけ汁は胡麻が結構効いています。なにか特別な調味料を使ってそうですが、私の舌と知識では判りません。

でも、この麺は食べにくる甲斐がある、と思えるうまさなんです。

到着=12:25 待ち時間=2分 行列=4人

麺=手打ち太麺(太さ不均等) スープ=胡麻の効いた、酸味の有る醤油 評価=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

がんや(内幸町)

9月5日(月) 雨

メニュー=支那そば&カレー丼セット+味玉

ganya 雨の中、内幸町から店に向かう。おや、旭王の前を通るのか、この店も随分行っていない。また行かないと。

お店ので一番人気はとんこつ醤油らしいが、煮干の効いていると書かれるとやはり支那そばを注文してしまう。おなかもすいていたのでカレーのセットにしてみた。

一階のカウンターに座ると、先客無し、大丈夫か、とも思ったがよく考えると昼時を随分すぎている、当然か。食べている途中に2階から2組ほど降りてきたので、ガラガラということではなかったのだろう。

ラーメンは確かに魚介の風味がするもの。あっさりめで飲みやすいスープだった。もう少し個性があっても良いのではないかとも思う。塩ラーメンも試してみたいビジュアルだった。

因みにカレーはマイルドな味わいで、スパイスの香りというものはあまり感じなかった。これくらいのほうがラーメンのセットとしては丁度良いと思う。でもカレー好きには物足りないだろう。そういえば田舎カレーと書いてあったが、???田舎カレーの定義ってなんだろう?

別にいいけど。

量も多く、結構おなか一杯になった。でも1,050円。

到着=13:49 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細ちぢれ麺 スープ=魚介の効いたあっさり醤油 評価=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

晴弘(門前仲町)

9月4日(日) 曇り

メニュー=わんたんそば+玉子

haruko ちょっと迷いながら次は永代通りから「晴弘」に向かった。

富岡八幡がすぐ横にある、骨董市をやっていた。

店内に入ると、あれ、なんか暑い、冷房が効いていないのだろうか。いや空調はあるようだが、座ったカウンター席まで届いていないようだ。カウンター前の台の上には扇風機があるほどだった。でもその扇風機は厨房に向いているため、風の恩恵は期待できない、・・・暑い。厨房からの熱気と湿気もダイレクトに味わっている感がある。

さてラーメンはあっさりしていながら旨み十分で、ん、どこかで食べたことがるような気がする。後でネットでみると「ちばき屋」関連の店らしい。そうういえば「ちばき屋」は行ったことがある。あっさりしているが、旨み十分でうまいスープだった。

ただ、本日2杯目のためかスープはしばらくすると、しつこく感じてきた。でもそれは暑さのために余計に思った気がする。細ちぢれ麺はスープがよく絡むのだが、ちょっと硬く感じたのは残念。

バイクで走った暑さと、店の暑さなんか本当のうまさを味わえなかったように思う。

到着=13:48 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細ちぢれ麺 スープ=あっさり、ただ旨味十分の醤油 評価=5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杏樹亭(行徳)

9月4日(日) 曇り

メニュー=らーめん

abbjyu  二週間ぶりにバイクで出かけた、いやーなんか久しぶりだなー。今日は再訪予定でまだ行っていなかった杏樹亭に向かう。

本日は環七から目的店にGO!

この店は2回目の訪店、前回つけめんを頂いたが、スープの味わいからラーメンの方がうまいと思った。

他の人のブログを見てもラーメンのほうが良さそう。今回そのラーメンを頂いた。

おお。これは確かに青葉に雰囲気が似ている、メニューを見ても特製が玉子やチャーシューなどの具材増えるのも同じですね。

味も似ており、コクがありちょっと粘度のあるスープは旨み十分でうまい。作り方を見ていたけど、Wスープというつくりではなく、スープは寸胴から一回入れているようだ。

でもやはりこの店はラーメンのほうがうまいと思う。多分次に来たときもラーメンだろう。

ただ、埼玉からバイクで1時間かけてまた行くだろうか。また行こうと思いなが行かなかった店はとても多い。でも千葉に住んでいたら結構通いそうな気もする、満足度だった。

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太ちぢれ麺 スープ=コクの有る醤油、粘度有り 評価=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヨシベー(錦糸町)

9月3日(土) 晴れ

メニュー=ヨシベーつけ麺+味玉

yosibe 以前来た事があり、ラーメンを頂いたのだが結構よかった。

今回は錦糸町で仕事終わりで、この店にきた。今回頼んだのはつけめん、この写真で判るだろうか?2種類の麺が皿に盛ってある。

一つは麦の香り豊かなもの、もう一つは海藻の風味がある。麺自体は結構評価好みの味わいだった。

ただ、つけ汁が味噌の味が強く、というより強すぎのため、麺の味が引き出せていない。全て味噌の味になる、もっとすっきりした味のつけ汁ならもっとこの麺を表現できるのに、・・・おしい。

水につけたり、スープ割のスープにつけたりしたがこの麺の良さは感じられなかった。一番うまかったのはそのまま食べたとき、もっとうまい、麺に合うスープを期待したいなー。

到着=20:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺、2種 スープ=コクの有る味噌 評価=4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄じ(千歳烏山)

9月3日(土) 晴れ

メニュー=中華そば並+味玉

eiji ここも以前来たことがある。そのときはつけめんでうまかったが、また食べたいというほどではなかった。

落ち着いた感じの店内で、カウンターにしかないが、窮屈な感じは無い。

さて、今回はラーメンを注文、あっさりしているが魚介の風味が非常に豊かでうまい。くどさが無く、最後まで完飲した。最後丼の底にだしに使ったであろう食材のつぶが残った。スルメもあったとおもう。

麺もコシがあり、好みとぴったりだった。

厨房内にでっかいゲンコツが山積みになっていたので、もっと強い味かと思ったが、想像とはまったく違い、美味しかった。また行ってみたい。

到着=12:58 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=魚介の効いた醤油 評価=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】ぼんくら(大崎広小路)

9月3日(土) 晴れ

メニュー=ラーメン(細ちぢれ麺)+半熟煮玉子

bonkura以前来たこととがある店、実は昨日1時10分にきたら準備中になっていたので、再度訪問した。

あれ、前回はもっとうまいと思ったが、今回はそれほどでもない。味が変わったのかな。

あっさりした醤油、ただ特徴は特に無い。あっさりしているというのが特徴かも。限定三〇食の細ちぢれ麺はスープによく絡むが、麺自体がうまいとは思えなかった。

あっさりが好きな人には良いかも。 

到着=11:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油 評価=5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つたや(池袋)

9月2日(金) 晴れ

メニュー=ラーメン(竹岡式)

tutaya 酒を飲んだ後、この店がやっている時間になったので行ってみた。池袋の芸術劇場の道路はさんで反対にある店、マルイ、UFJ、マクドナルドの並びにある。すぐ近くに激辛ラーメンの中本がある。

通常は天ぷら屋さんだが、夜9時(というか天ぷら屋が終わってかららしい)からラーメン屋になる。

この店では竹岡式ラーメンが食べられるが、普通にラーメンを頼むと、竹岡式っぽいラーメンで、竹岡式ではないラーメンが出てくる。「竹岡式ラーメン」と注文しなくてはいけない。今回、厨房がよく見える場所に座ったので、作り方がよく見えた。

まずお湯を鍋で沸かし、そこに乾麺を1.5玉入れて茹でる。丼にタレ2杯と、タマネギを入れる。慎重に麺を茹で、茹で上がったら、麺を茹でたお湯を適量丼に注ぐ。そして麺を投入し、具材を載せる。つまりスープを入れるわけではない。ただ、普通のラーメンはスープを入れているようだ。

だしをとったスープではないのになんでこんなにうまいのだろう。乾麺がなぜか良い。スープは非常に濃い味の醤油で、このスープが麺によく合う。

チャーシューもジューシー、タマネギの絡みもスープに合っている。

また、時間が合えば行ってみたい。

tutayasoto ←外から見たお店

到着=21:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺(乾麺) スープ=味の濃い醤油 評価=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

はせべ(五反田)

9月2日(金) 晴れ

メニュー=ワンタンメン+玉子

hasebe 以前店の前を通って気になっていたのだが、なかなか機会に恵まれず、今回初めて伺うことになった。

凝ったつくりの店ではないが、さっぱりした内装はなぜかほっとする感じ。ラーメンもすっきりした旨みのあるスープで、くどい感じがない。

平たい麺も食感がよく、ここちいい。ただワンタンは皮が多く、しかも茹でたものがまとまってしまっており、ワンタンなのかなんなのかよくわからない。

ワンタン無しでも十分うまいので、こんどは普通のラーメンにしよう。

ちなみにこの近くに「アドマチック天国ランキング5位」という店があった。そこでも食べたことがあるのだが、どう考えてもこちらの店のほうがうまい。ランキングはどうやってつけているのだろう。調査している人の好みということであれば、はせべがうまいというのも自分の好みなのでしょうがないが・・・。

到着=13:25 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=すっきりした醤油、魚介風味有るり味 評価=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

味香美(大井町)

8月30日(火) 曇り

メニュー=正油ラーメン

mikami 「とらさん会議室」の投稿を元に行ってみた。

おお、これで480円か、確かに安いなー。焦がしねぎの風味が効いており、そういえば以前近くの「永楽」でもこんな感じだったように思う。

焦がしねぎの入ったラーメンは、焦がしねぎの風味が強すぎるものも結構あり、苦手なものも多い。

ここは程よい風味で焦げた風味、にはなっていない。コシの麺も結構うまかった。

到着=14:23 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクの有る醤油、焦がしネギの風味 評価=5

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »