« くじら軒(東京駅八重洲地下街) | トップページ | 多久味(船堀) »

2005年8月27日 (土)

【閉店】つけ麺本舗ばくだん屋(八重洲地下街)

8月25日(木) 台風

メニュー=つけ麺(並)大辛

bakudan

広島つけめんの店、四谷の「ぶちうま」は好きになって何回かいったが、それもこの店で最初に食べていたからだった。

ただ最初の印象は悪く、冷やし中華のタレを辛くして別にしただけではないか、という感じだった。

広島つけめんがこういうものだとわかったので、今は美味しく頂ける。事前の認識が必要ではないだろうか。大勝軒などに代表されるつけめんも、初めての人は美味しさが判断できないのではないか、と思う。

辛味のあるつけ汁、辛さは好みで選べる。今回大辛にしたがつけ汁が冷たいため強烈に辛い、ということはない(辛いのに慣れているだけかもしれないが)。

このつけ汁は酸味も効いている。麺はコシが結構あるもの、具材も大量にのった麺皿の内容は最初にガシガシ混ぜる。そしてつけ汁にIN、酸味、辛味、具材の甘味と共に麺のうまさを味わう。

広島つけめんも結構うまい。でも「ぶちうま」のさわやかな甘味の効いたつけ汁のほうがやっぱり好きだなー。

到着=13:48 待ち時間=0分 行列=0人 

麺=細麺 スープ=辛味と酸味の非常に効いた、醤油 評価=6

|

« くじら軒(東京駅八重洲地下街) | トップページ | 多久味(船堀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/5663909

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】つけ麺本舗ばくだん屋(八重洲地下街):

« くじら軒(東京駅八重洲地下街) | トップページ | 多久味(船堀) »